地球温暖化なのか?小氷河期に突入したのか?

ここ数年、夏と冬はえらい両極端な気がします(´・ω・`)

一体全体、我々の住む地球はどうなっているのか…わりと本気で心配になっている人も多いことでしょう。

今冬、北半球は各地で寒波に見舞われ、数日くらい前にも、トランプ大統領がキレて、地球温暖化説を唱える学者連中を罵倒、非難したとかしないとかのニュースが流れました。でも、あんた…夏になればなったで熱波でキレて…いや、これ以上は愚痴になるだけなので止めておきましょう。

ちなみに…現在、南半球のオーストラリアは熱波に襲われ大変な事態になっている模様です。

地球温暖化が叫ばれ続けてだいぶ久しくなりますが、その一方で、氷河期の到来も予想されています。聞いた事のある方も多いかと思いますが…実は、すでに2015年あたりから小氷河期に突入していて、さらに、2030年頃までに本番がやって来て、向こう200~250年くらいの間、人類は厳しい試練を受けるなんて言われています。

たしかに、ここ数年の冬はとても厳しいものとなっております。

印西市で氷点下が続く冬なんて…数年前くらい前まではなかったような気がします。でも、夏になったらなったで例年以上の暑さな訳で、正直なところ、今の地球は温暖化なのか?氷河期なのか?どっちなのか困惑します。自分も印西市民である前に地球人ですから、気にならない訳ではありません。

しかし、学者と言うものは…

縦割りで専門のさらに専門を極めた専門〇〇(〇〇部分はご想像にお任せします)

な人が多いので、全方位的な議論をしているのを見たことも聞いたこともありません。

身近な知り合いなどに、何人か博士号を持った人がいるんですが…

みんな、割けるチーズのように一本筋の通ったことしかやりたがりません。ひじょ~に頑固です。Aと言ったらAなの!!としか言い張りません。でも、Bってのもあるよ?と言うと、君はカガクをわかっていない!!Aと言ったらAなの!!と逆ギレです。

(あくまでも自分の周りでの話)

これでは、どっちが都会でどっちが田舎の論法と同じです。

もう、科学者と言うのは…

徳川埋蔵金を発掘するために人生の大半を地下で過ごしている人

と同じノリな気がします。

なんだか知的ではあるけど性格の悪い田舎者と同じ気がします。

おのれの信じる道がアタリだったら人生が大きく切り開けるけど、ハズレだったらすべてを失うと言う…とんでもなくリスキーな職業なのではないかと疑います。人類の発展に大きな貢献をする方はほんの一握りの存在で、圧倒的大多数は自己満足で人生を終えるに過ぎないんだと思います。

だから、たぶん…

温暖化でもなく氷河期も巷で噂されている南海トラフ巨大地震も来ない

気がします。

もちろん、CO2やフロンガスの排出抑制は必要なことだし、すべてを否定するつもりはありません。ただ…暑くても寒くてもどっちでもいいから、どちらにもでも対応できる、すぐれた何か、現実的なもの、生活用品的なものを発明して世に貢献して欲しいと願います。

きっと、今の地球はほんの少しだけ壊れちゃっているだけだよ。

ほっときゃ自然に治る気がする(´・ω・`)

お願い

南海トラフ巨大地震は来ないと思うけど、いつ来ても問題ないように、日頃から避難訓練はまじめに行い、必要な物資・食料などの備蓄は普段から心がけましょう。何もしなくて良いと言っている訳ではありません。指摘したい問題点は、地震はいつか必ず来ます。けど、いつ来るか誰にも分かりません。予知なんて絶対に当たりゃしません。まして、不安を煽る情報に惑わされてもいけません。必要かつ現実的なことはしておきましょうね!!と言うことです。株式やFX投資の世界は予測や予想は一切しないで、決めておいたルールに基づて行動・リスク管理をするのが鉄則です。地震もそれと同じで良いと思います。

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
印西市は印旛沼の西側にあったから印西なんだからね(´・ω・`)