どっちが無責任?コンビニ24時間営業をめぐる議論

いまだ決着のつかないコンビニ24時間営業問題(´・ω・`)

一連のバイトテロに端を発し、昨今の人手不足と合わさるように噴出した今回の事態…

〇ブン△レブン本部の対応に世間の注目が集まっています。しかし、依然としてオーナー団体との交渉は平行線のままです。自分もコンビニでのバイト経験があるので他人事と思えません。

世論も24時間営業に否定的な考えが大勢を占めつつあります。

一方で、24時間営業続行と時短化反対の意見を唱える方も一部にはいるようです。たしかに、お店が24時間開いていると便利と言えば便利です。

しかし、下記リンク先の評論には疑問です。

いやいや、もう人手が足らなくて24時間営業は限界だっての。

デメリットがメリットを完全に超えちゃってるので、ブランド力もへったくれもないわ。バイトテロ誘発のリスクも高まり、逆にイメージが悪化するだけ。

あの~

現場で今必要とされているものは実情に合う具体的な対策であり経営理論ではない

と思います。

本部寄りの意見を主張しつつ、オーナーの待遇改善案として「ロイヤリティの減額」「人手不足のサポート対応」なんて文末でシレっと提言していますが…

ロイヤリティの減額なんて24時間営業停止/時短化以上に絶対に無理な話。FC本部による人手不足のサポート対応も…できないから現状の事態を招いていると思うんですけど。

ドミナント戦略で同じ地域に店がひしめき合ってるから、輪番で深夜営業をチェーン店同士で持ち回りなんて意見もありますが…ベンダー供給と物流システムをそれ専用に細かく合わせるのも大変。

もう、初心に帰って、朝7時から深夜11時までに戻した方がブランド力は絶対に上がると思う。

そもそも、買い置きなどの習慣がなくなる方が異常だと思います。食品や薬などは、自宅にある程度ストックさせておくのが常識だと思うんですけど。

会社員時代、職場にカップ麺や菓子の備蓄専用の引き出しもあったわ。

無理が通れば道理は引っ込むものです(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
ノースダコタ州ニュータウンはアメリカの印西市(´・ω・`)