eスポーツ部の活動内容はこうなる

あなたの青春時代は何部でしたか(´・ω・`)

学校で、花形となる部活と言えば…

野球部はもちろんのこと、サッカー部やテニス部、バレー部などになると思います。

テニスやバレーボールは多くの子が入りたがる部活でした。特に、テニスは大人気でした。やっぱり、クールでスマートな感じのするお洒落な競技と言えるでしょう。

少なくともダサさは一切ありません。

自分は体験入部の際、ホームラン級のボールをバンバン打ってしまい、先輩から「ちょ、お前…むてない」と言われ本格入部は断念しました。

結局、文化系の…いや、個人的な昔話はやめておきましょう。

それよりも、新興スポーツとして現在注目を集めているeスポーツですが、個人的にはこれはアリだと思います。依然として強い異論や嫌悪感を持たれがちですが、わりと体力を使う競技です。

むしろ、日本のゲーム文化を健全化する意味からも、とっても有意義な取り組みだと思います。

ゲームと言うと、子供が部屋に閉じ籠もり、一人で延々とやるものと思われがちですが…eスポーツはチーム制で行われる事が多く、高いコミュニケーション能力が求められるものとなります。

なので…

eスポーツを部活動化したら他の運動系の部活動と何ら変わりない厳しいもの

となります。

活動開始前の準備体操は当然ながら、校庭10周のランニングは必須です。腕立て伏せや腹筋などの筋力トレーニングも欠く事のできないものとなります。

長時間、集中してコントローラを持ち続けプレイするには、腕力握力はもちろんのこと、瞬間的な判断能力も必須となります。実際に画面に向かってゲームそのものをやる時間は、半分以下になると思います。

多くは基礎トレーニングに時間が割り当てられるものと思います。優れた反射神経と動体視力は要となります。

ですから、eスポーツの基礎トレーニングとしてテニスは最適でしょう。

ゲームをやるような子は、スクールカースト下位層のネガキャラのイメージが持たれがちですが…むしろ、スマートで頭の良い子が多いような気がします。

ゲーム大会の入賞者や入賞チームはマジでイケメンが多い(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
印西市の子供達が将来なりたい職業No1はドクターヘリのパイロット(´・ω・`)