ふるさと納税の返礼品にギフト券はありか?

総務省がふるさと納税の見直しに躍起です(´・ω・`)

ふるさと納税を知らない人はいないでしょう。利用している人はわりと多いと思います。

しかし、その弊害について知りつつも、どうぜ税金を支払うなら物が貰える方を選択するものです。人間とはそういうものです。自分も何の縁もゆかりもない某県某市に収めた事があります(果物もらった)。

利用した事のある立場の者として、後から、こんな事を言うもの心苦しいんですが…たしかに、返礼品としてギフト券などが提供されるのは、やや行き過ぎの感が否めません。

本来、現住自治体に支払うべき税金の一部が、返礼品と称した金券で還元されるのですから、合法脱税やら官製脱税とも揶揄されるのは致し方ありません。

目下、この制度に対する批判の声は高まりつつあります。

このため、総務省は「返礼品は地場産品に限定」させた新制度を6月からスタートさせるようです。

でも、これに対して、返礼品に〇マゾンギフト券を提供している大阪府泉佐野市がブチ切れ、要は「自治体の好きにやらせろ!!」と、総務省を猛烈批判しているようです。

寄付する側は”その町を応援したいから”で、寄付される側は”町おこし”が本筋だと思います。泉佐野市に自慢できない地場産品がないと思えません。

少なくとも…

〇マゾンのデータセンターがある印西市がやるなら

まだ話は分かる。

データセンターは印西市の特産品のようなものです。

データセンター天国の印西市が、返礼品として高速レンタルサーバ100Gを5年分提供なんてやったら…利用するかもしれないorz

ウソだ冗談だ(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
インザィアン、嘘つかない(´・ω・`)