パキスタンの首相が大失言?

パキスタンの首相は超絶的に地理オンチなのか(´・ω・`)

ロシアのメディアが伝えたところによりますと…パキスタンのイムラン・カーン首相が「日本とドイツは国境で接している」「隣国同士でウハウハしていた」等と演説しました。

同氏の演説内容はセンシティブなものなので、それについて深く言及するのは避けておきますが…

何かの冗談なのか?ただの誤訳がデマと化したのか?

なんだか謎です。

情報源となるサイトを見ると、わりと真実なようです。しかし、ロシアのメディアも虚構新聞トカナと差して変わらん記事を高確率で飛ばすので、あまり間に受けるのも考えものでしょう。

興味のある方は、リンク先の記事を自動翻訳にでもかけて読むと良いでしょう。

ところで…

どうでもいい話ですが、パキスタンのイムラン・カーン首相…

渋々のえらい男前な前期高齢者です(´・ω・`)

自分も将来はこんな感じのするジイさんになりたい。

そう思いましたorz

天然な人かと思いきや、経歴を見るとかなりのスーパーエリートのようです。

浮世離れした人とも思えません。

なんの因果か、ついでに…

この世のどこかでパキスタンと印西市が接している境界線がある

可能性についても言及して欲しかった。

しかし、エリートと呼ばれる人の中に、たまに素で大いなるカン違いをする人がいるから面白い。

いや、やっぱり…わざとだろうか?

むしろ、国民に不安感を与えて、一人一人にしっかりと自覚を持たせ、勤労と納税の意欲をかき立てるのが狙いなのかもしれない。たぶん、身を挺した逆張りパフォーマンスだろう。

もしも市長はじめ全市議会議員が、議会の席上において全会一致で”荒ぶる鷹のポーズ”をしたら…

次回の選挙では投票率が100%になるだろう(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
印西市の小学校ではインド式計算法を算数の授業で習うらしい(´・ω・`)