今は買い控え時か?気になる将来の住宅価格

新規住宅着工の勢いが衰えない印西市(´・ω・`)

そんなにたくさん作って本当に全部売れるの?

と疑問に思うくらい、日夜、職人さん達による突貫作業が行われています。

千葉ニュータウンの周辺を散策していますと、夜の8時9時頃でも、建築中の家から強い明かりが漏れ出ています。かなり眩い光なので、建設現場等で使う投光器でしょうか。

ま~あ、実際、作っている横からドンドン売れて入居が始まって行くんですから、まだまだ売れる見込みが十分あるんだと思います。

昨日まで何もなかった空き地に、家が建ち始めているんですから驚きです。

もう、千葉ニュータウンで働く職人さん達は…

社会風刺の動画やコラ画像をわずか数時間で完成させるネット職人並みの速さ

と言っても過言ではないでしょう。東京オリンピックも目前に控え、印西市/千葉ニュータウンは相変わらずイケイケドンドンと言った雰囲気です。

そんな中、気になる懸念点も密かに注目を集めつつあります。

東京オリンピック後に不安視されている景気後退や、将来確実視されている日本の人口減少問題から「空き家が増加するので、家を買うのは損」と言う指摘です。

だから、住宅を買うのは様子見、待てと言うのか?

ぶっちゃけ…

欲しいと思った時が買い時

だと思います。

将来、住宅価格が下落するからと、家族にいつまでも手狭なボロ屋で我慢を強いるのは愚の骨頂です。人生には、お金で買えない価値もあるのです。

東京オリンピック終了後は、むしろ、海外から注目が集まり、日本に人が集まるようになるかもしれません。それが良いか悪いかは別にして、オリンピックを開催する目的はソレなんですから。

1964年に開催された東京オリンピック後の「いざなぎ景気」のように、引き続き、わりと良い感じの時代が続くかもしれません。

もちろん、景気が後退するかもしれません。それは誰にもわかりません。

少なくとも…

人生のバイオリズムと社会の景況を絶妙に一致させて生きていくのは至難の業

だと思います。

株やFXで多くの人が損をしている事実から、これ以上に説得力のある表現方法はないと思います。しかし、家は有価証券と違い形として残りますし、雨露を凌ぐことはできます。

我が家は、いわゆるバブル経済期に購入した住宅になります。オヤジは、バブル経済崩壊後に販売される新築住宅の価格に驚き凹んでいましたが…

一方で、値段相応な問題も起きています。

たしかに値段は安くなったが、欠陥と行かないまでも、品質面でいまいちだったなんて噂も聞きました(すべての物件がそうだったとは言いません)。

お勤めになっている会社の台所事情や、現在の住まいを売却処分するなどの兼ね合いもありますので、家を買うタイミングは圧倒的に好景気の時に選びがちになるものです。

結局、気の持ちようの問題で、損をしたと思えば損ですし、良かったと思えば良いのです。

とりあえず、 2025年には、大阪万博の開催も控えております。オリンピック終了後、一時的なものはあっても、極端に悪化するような事態はないと期待しております。

東京五輪より大阪万博に期待大(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
ノースダコタ州ニュータウンはアメリカの印西市(´・ω・`)