足らない保育園、余る大人の保育園

今の若いママさん達は大変ですね(´・ω・`)

保育士が一斉退職していまい、閉園や事業縮小を余儀なくされる保育園が後を絶ちません。

今春、横浜市で起きた保育士の一斉退職/引き抜き問題が注目を集め、物議を醸しましたが…程度の差こそあれ、全国で同種の問題が蔓延している様子です。

特に、民間保育園は待遇が芳しくないため、保育士の離職率の高さは介護業界並みと言われています。

待機児童の解消に積極的な印西市でも、これは頭のイタい問題となっております。公立認可園はおろか民間もほとんど開きがない様子です。

町おこしのためにも公立保育園は充実させたいものです。

このため、SNSはじめネット上では、公立保育へのさらなる税投入や補助を叫ぶ声がチラホラと散見されます。保守的な思想の強い方だと「外国人への生活保護をカットして保育へ回せ!!」です。

そんな話はともかく…

たしかに、実情に見合う適正な税配分は求めたいところです。

少子化ゆえ子供を育てやすい環境を整備すべく保育園等への税投入強化は当然ながら、少子化ゆえ必要性のない高等教育機関の新設抑止/縮小を求めたいところです。

先日、夕飯を食いながらテレビを見ていたところ、大学新規開校のCMが流れ驚愕しました。

まだ、新設するのかよorz

もう…

大人の保育園と化した大学なんかいらないし潰すべき

でしょう。

ワケワカメな大学に投入される私学助成金を、全国の公立保育に回し、子供のために使うべきでしょう。

授業中、学生全員が机に突っ伏して居眠りをしていたり、教室の後ろの方でキャッチボールを始めるなんて…もう信じられません。

勉強しない子供な大人のために税金なんか投入すべきではありません。

本来、働いて納税すべきところ、モラトリアムから学生をしているだけなのですから意味ありません(さらに私学助成金で税金を浪費)。

将来や働く事に対して…

夢を見させ過ぎなんですよ

だから、この時代に至っても尚、就職氷河期世代の問題が尾を引きづっています。ひきこもりやニートの問題も、大学など高等教育に対する過度な期待から起きている問題だとも思います。

町おこしの一環で、地方の自治体は大学誘致に躍起となっておりますが、せいぜいアパート経営の人が潤うくらいで、本当の意味での町おこしとは言えません。

そこに根付いて生活している人達のためでなくてはなりません。

児童福祉と高等教育の不均衡な税配分を…

なんとかした方がいい(´・ω・`)

by 印西太郎

関連記事

特殊な業務形態ゆえ近所の視線が厳しいSOHO

今話題となっているひきこもり問題(´・ω・`) さらに、就職氷河期の非正規雇用問題ともダブり、あの人はニートではないか? SOHOと言う名の在宅ビジネスは、近所からそんな偏見に満ちた困惑の視線で見られがちです。実際、自分も近所のオバハンから、道で出会う度、露骨なまで迷惑そうな顔を見せます。 自虐的にひきこもりを自称する同業者もいますが、自宅にひきこもっている …

良い田舎の見つけ方

都会人が憧れる田舎暮らし(´・ω・`) 定年退職などを機に、東京を脱出して、広々とした空気のうまい地方への移住を検討する人もいます。 しかし、現実はイメージしていた理想の田舎暮らしとは程遠いものであるのも実態です。実際、地方移住に関する多くの失敗例やネガティブな体験談なんかを… たまにメディア等が伝えたりします。 そんな記事を読んで「やっぱり地方はダメだ」「 …

暴走する40代と就職氷河期問題

今年は40代が大活躍です(´・ω・`) 悪い意味で… 京都のアニメスタジオ放火事件や、常磐道の煽り運転による暴行事件、これ以外にも、今までの常識では考えられない凶悪な事件が立て続けに発生しました。そして、事件のほとんどが、40代の就職氷河期世代による犯行と言う生々しい実態が浮き彫りとなりました。今、40代に何が起きているのか? いや、そんな自分も40代なんで …

田沼意次も天国から今の印西市をどう見ているのか(´・ω・`)