印西市の奇跡過ぎる地理

東京至近にあるワンダーランド

グンマーすら凌駕する豊か過ぎる自然環境

印西市はその特異な字面から西インドとバカにされ続けておりましたが、実際、その地理はと言いますと…首都圏のギアナ高地、小グンマーと言っても過言でありませんでした。かつては、鬱蒼と生い茂るジャングルとジメジメした湿原地帯に囲まれ、本家グンマーや北海道の湿原地帯すら凌駕する未開の大地でした。

都市開発の進む現在でも、暗黒時代からの自然遺産が、周囲から取り残されたかのように市内の各所にあります。そこは、なんか得体の知れない生命体もおり、むやみに足を踏み入れると危険とされております。特別天然記念物からカミツキガメのような特定外来種までと、その種類と数は豊富なものとなっております。

何気に知名度のある印旛

都心から1時間以内の場所で、これだけ類まれな自然環境が残されている場所は印西市をおいて首都圏で他にありません。印旛沼には、人を襲う巨大な未確認生物UMAが存在するとされていますが、現在のところ、具体的な目撃例はありません。このように、依然として多くの謎も残されています。

実は、甲子園出場経験のある印旛高校のあった自治体で、全国的には印西よりも印旛の方が知名度が高かったりします。そして、印旛と言えば印旛沼になります。国内屈指のカミツキガメ繁殖地であり、ニュース報道による影響からか、これまた印西よりも印旛の方がネーミングバリューが高くなっています。

災害に強い自治体として

強固な下総台地に守られて

印西市は千葉ニュータウンを中心に、標高20~30メートルの下総台地の上にあります。あたかも本家ギアナ高地のテーブルマウンテンを思わせますが、微妙に高くもないので、それに気づかないで生活している印西市民がほとんどです。下総台地は強固な岩盤でできており、巨大地震の原因となる活断層もないとされています。

このため、印西市は地震と風水害に強い街としても知られています。産業界の各方面から注目を集め、金融機関の事務センターや電話会社の基幹通信局をはじめ、データセンターや物流基地などの重要施設がこぞって建てられております。amazonなどの世界的IT企業も進出しており、googleも印西市内にデータセンターを建設予定です。

首都圏の防災・医療拠点

その他、市内の公園や道路は広々としており、高い建物がほとんどないのも特徴です。都内や湾岸エリアの住宅街のように過密状態でなく、万が一の際は、火災延焼等の二次被害が発生する恐れもなく、安全に公園等へ避難できます。何よりも、印西市には超巨大病院、印旛日医大もありますから防災面では抜群です。

印西市は居住性のみならず、安全面でも優れた街と言えるでしょう。このための印西市民の防災、健康意識も高いと言われております。そして何よりも、インド風PR動画に見るように、心の日照時間が世界一長い人達が暮らしている自治体です。精神衛生面でも健全度が高いと言えるでしょう。変な人は本当に少ないと思います。

買えないものはない印西市

お金があれば何でも買える

全国的に有名な会社のお店なら、たいがい千葉ニュータウンに進出しています。印西市では買えないものはありません。流石に、グンマーのように大砲や重火器までは買えませんが、お金さえあれば欲しいものは何でも手に入ります。お金がなくても印西市は働く場所がたくさんあるので問題ありません。

印西市は日本屈指のホムセン銀座、DIY工作天国です。大砲や重火器まで売っていませんが、材料なら素で入手可能な気がします。本気になれば原子炉すら作る事ができるでしょう。噂では、ジョイフル本田の資材センターで建材を買って、自分の住む家を自分で建てた人がいるらしい。

お金がなくても問題はない

このように、印西市の主要な産業は、小売業、物流、ITとなっております。元は密林地帯であったため、農業はあまり盛んではありませんが、印西メロンや船穂スイカなどの特産品があります。衣食住すべての市内で完結させた超便利なライフスタイルを確立すると、究極の住みよさを手に入れることが叶うでしょう。

また、印旛沼をはさんだ東隣には、屈指の国際空港のある成田市です。空港関係の仕事ならたくさんあります。印西市内にも多くの空港関係者が暮らしています。成田空港関連だけでも700社もの会社があり、4万人以上もの労働人口に及びます。印西市でなら、車で20分前後の範囲に、お金を稼げる場所はたくさんあります。

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
印西市は印旛沼の西側にあったから印西なんだからね(´・ω・`)