千葉県の真価が問われた台風15号の後始末

千葉県に壊滅的な被害を与えたファクサイ(´・ω・`)

今回の台風は、自然災害から人災へと様相が変わりつつあります。

県は完全に初期対応を間違えたと言わざるを得ません。もちろん、土木事務所など出先機関の職員は現場で奮闘していたと思います。しかし、司令塔であるはずの県知事が連日からご覧の有様で、指揮命令系統もあやふやとなり、限られた条件の中での苦しい戦いだったことでしょう。

歯がゆい思いをされた県職員の方も本当に多くいたと思います。問題の知事ですが…この場合、ポーズでも構いませんから「県が一丸となって鋭意対応中です!!」とでも言っておけば、県庁内の雰囲気くらい変わり、多少は良い方向に転がっていたかもしれません。そこを「不眠不休でやれ!!」ですから現場の士気も削がれます。

何よりも、今回は情報統制がずさんだったのが致命的と言えるでしょう。当日中に、正確な被害発生状況の把握に努めていれば、国やマスコミだって積極的に動いていたかもしれません。この点に関しては、完全に千葉県の自己責任だと思います。実際、本庁職員の現場派遣もだいぶ遅れており、国の職員が現場で奮闘していたと聞きます。

同じ千葉県民でも北西部の住民は普段と変わらぬ生活をしていました。多くの北西部の住民は、南部の被害状況について知る由もありませんでした。ネット上では「千葉県全域停電」などとデマが流れ、初日は、当の千葉県北西部の住民でさえ大袈裟に感じていたくらいです。

二日、三日と経過するに連れ、ツイッターなどを通じて南部の住民の声が伝わりはじめ「これって、なんかやばくない?」と危機感の漂う雰囲気へ徐々に変わって行きました。マスコミもこれに呼応するかのよう報道を始めます。聞けば、寸断されていた道路の倒木撤去は、停電復旧作業をする電力関係者が次いでにやったと聞きます。

でないと被害現場で行けないってのもあったんでしょうが…結局、どの程度の被害だったのか正確な情報が分からずじまいのままで終わりそうです。現在、館山市や南房総市では復旧が進み、自衛隊による食糧配布や給水などの救援活動も行われているようです。

渦中の知事さんは、首都圏直下型地震が発生した場合、どうするつもりだったんでしょうかね。

by 印西太郎

自分は個人事業主だけど法人化したら会社名は西インド会社にする(´・ω・`)