被災地いらなかったものリストな件

被害の全容が見え始めた千葉県(´・ω・`)

マスコミによる現地入りも活発化して、詳しい状況が明らかになって来ました。

電柱はバタバタと倒れまくり、屋根を吹き飛ばされた住宅が想像以上に多かった様子にただ驚きです。同じ千葉県で、こんな大規模な災害が発生していたなんて信じられませんでした。依然として停電は続いており、高齢者が多く住む地区では、人命すら危うい状況となっております。

そんな中…

やっぱり、今回も出てきたか的な話題で物議を醸しています。すでに一部メディア等でも取り上げられご存知の方も多いと思いますが、被災地に大量の千羽鶴が送られて来ている様子です(現段階で真相不明)。2016年熊本大地震や2018年西日本豪雨の時もそうでしたが、あれだけ問題視されても、尚も千羽鶴を送る人が絶えません。

現場は混乱しており、時間、場所、人員すべてのリソースがひっ迫した状況です。1秒、1c㎡、1gたりとも無駄する余裕なんてありません。可哀そうだとか頑張れだとか、そんなドラマチックで感動的な甘っちょろいものは、災害現場では邪魔以外の何者でもありません。

こう言うと「人の善意を何だと思っている」「千羽鶴で元気になる人もいる」と憤慨する人がいます。しかし、人の命に関わる重大な問題が現在進行形で発生中なのですから、その是非について議論することすら時間の無駄でありナンセンスです。もしも、自分が仕分け作業担当者で、中身がすべて千羽鶴とわかったらキレますわ。

それにしても…

一体どこの誰が大量の千羽鶴を被災地に送り付けて来るのか?

やはり、短時間で大量の折り鶴なんか作れません。学校や地域の子供会など、ある程度まとまったマンパワーのあるところでないで不可能です。東日本大震災で被災した親類の体験ですが、どこか遠い学校なのか?宗教なのか?わけわからん団体から送られて来たなんて言っていました。

やっと届いた救援物資…

でも、中身を空けたら千羽鶴。

腹を空かせた子供がビービー泣く姿を想像できんのか?

その箱の分の輸送スペースが食品だったら…どれだけ惨い行為をしているのか理解して欲しい。いや、わからんから止めんのだろう。今後、宅配業者は災害発生地向けの荷受を制限した方が良いだろう。千羽鶴等、復旧支援と関係ない物の取り扱いはお断りしますと、店先で注意喚起の張り紙をした方がいい。

もちろん、今回の千葉県の初動体制の遅れ、不手際に見るよう、自治体が早期に被害発生状況を把握して、必要なものリストを作成、公表しないのも悪いと思います。情報統制も大切ですが、災害発生時は、人情に反してでも、千羽鶴を物流網から除外する等、緊急避難的な物流統制も必要不可欠なものとなって来ると思います。

by 印西太郎

いんざい君の画像を使いたいんだけど市役所に使用許諾申請しても速攻却下だろう(´・ω・`)