不可思議な首相官邸の対応

被害の全容が解明しつつある千葉県(´・ω・`)

そこで、先日からの我らがM田知事の動静がえらい気になります。

M田知事は激甚災害指定の要請をするため、〇倍首相と会談をしたと報道で伝えられていますが…本当に会談をしたの?と疑問に思うくらい、〇部首相の顔が見えませんし声も聞かれません。会談終了後の記者会見で、M田知事は指定されることを「信じている」と、これまた歯ごたえのない珍言をしております。

前向きな話を頂いたとも言っておりましたが、じゃ~あ、具体的にどんな前向きな話なの?っとツッコミを入れずにはいられません。千葉県民が今一番知りたいのはそこだと思うんですが…これに対して、誰が悪いこれが悪いではないです。一部情報によりますと、限りなく門前払いに近い形だったとの噂もあるようです。

(言われなくても国は指定の方向で準備しているようです)

ぶっちゃけ…

今の段階で〇能な働き者と化されても困るような気がします

各市町村と千葉県警、自衛隊、そして、全国から千葉県のために助けにやって来てくれた電力会社とその関連会社の尽力により、着実な復興途上にあります。国も警察と自衛隊の情報力をフルに活用して、なんだかんだ、ちゃんと動いているようです。今回の災害でも、現地では自衛隊が大活躍している様子です。

聞けば、高齢者宅のブルーシート養生は、見かねた自衛隊員が一部でやっていると言います。すでの多くのマスコミ関係者も現地に入っている事でしょうから、あと数日もすれば真実はすべて判明して来ると思います。以上の状況から、〇部首相がM田知事に見切りをつけ激おこ状態である方に賭けてもええわ。

北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、そして、遥か遠い南の沖縄電力まで千葉県を助けるために駆け付けて来てくれました。

さらに牛丼の〇野家には…

∩( ・ω・)∩ 猛烈にありがとうと叫びたい。

by 印西太郎

いんざいばんざい(´・ω・`)