台風19号に対する各自の危機意識と所感について

利根川氾濫の危機は過ぎ去りました(´・ω・`)

とりあえず、千葉県北西部は大きな難局を乗り越えたようです。

台風15号と言い、今年の気候は、なんだか例年にも増して大変アグレッシブでした。やはり、地球温暖化の影響なのでしょうか。原因はわかりませんが、この調子で来年も台風に暴れ回られたら、東京オリンピックへの影響も懸念されます。いや、ホント開催期間中にあんな台風が来たら大変です。

11日、橋本五輪相も、現在開催中のラグビーワールドカップの一部試合が中止された件を受け…

何も考えていなかったので今から対策を検討します

と宣しました。

いやいや、普通、それは最初から考えておくものでしょうorz

もちろん、内閣改造で就任したばかりの橋本さんにこんな言い方をするのも何でしょうが、日本は地震や台風などの災害に度々見舞われる土地柄の国です。しかし、どういう訳か、前回の体験記憶が飛んでしまうのか、毎回思考回路をリセットさせる危機意識ゼロの人が多くいます。

今回の台風19号でも、先の台風15号であれほど被害が出たにも関わらず、直前までのんびりと構えて過ごしていた人が多くいたようです。直前になってアレがないコレがないと右往左往では困ります。台風前日は、養生テープが店頭から消え、アタフタしていた人が多くいました。

冷静に考えると、緊急時なのですから、この際は普通のガムテでも良いはずです。今の時期なら、ガラス窓が結露することもないでしょうからセロハンテープでもOKです。慌てて、SNS上では養生テープを幼女テープと打ち間違える変態も続出したようです。そんなヤツは、もう公安の監視対象にした方が良いでしょう。

大げさだとか過剰反応、大した事ないと言った声もわりと多く見聞きしました。事前準備に勤しむ人に冷笑を浴びせるのは勝手ですが、何か問題が起きた場合、困るのは本人です。そして、そんな人に限って、いざ問題が起きると人一倍文句の声を上げます。

一方で、過剰で極端な意見も散見しました。

死者8000人を見出しに打ち出して来た某新聞社は何を考えていたんでしょうか…伊勢湾台風の時代と現代とは違いますし、人心の不安を煽るだけが目的なら有害以外の何者でもありません。なら、都内で洪水は起きない、堤防は環境破壊とバカなことを言っていた市民団体を糾弾する方が先です。

今回、各市町村の対応は素早いものがありました。また、電力会社による停電復旧スピードも前回とまるで違います。倒木やインフラに影響を及ぼしかねない周辺樹木など、邪魔となるようなものは徹底的に除去済みでもあったためスムーズに対処できたものと思われます。

日頃から常識の範囲内で環境や条件を整えておくだけでも決定的に違うんだなと思いました。

台風15号に引き続き、今回も常識の範囲外の声が多く目立ち、一部で判断を鈍らされた人がいたかもしれません。やはり、災害発生時は、情報に惑わされて行き当たりばったりの行動にならないよう、日頃からの対策と心がけが肝心だと言えるでしょう。

利根川決壊なんてツイートした人は反省しなさい(´・ω・`)

by 印西太郎

いんざい君の画像を使いたいんだけど市役所に使用許諾申請しても速攻却下だろう(´・ω・`)