ホームレス公務員

関東地方、本日も雨です(´・ω・`)

これから強い雨が降る見通しです。

台風15号、台風19号の影響は依然として各所に残されています。どうにか無事でいて欲しい。そんな中、台東区のあの出来事で新事実が浮上しました。なんと、区とは無関係な旅行者や通行人も、どうぞどうぞと避難所に受け入れていたそうです。前回の記事で台東区を批判した事についてお詫びしなければなりません。

やっぱり、同じ人間ですから、困った時はお互い様です。

でも…

ホームレスの人だけを追い返しただけという事になります。

結局、区民でないと入れないは方便だった模様です。区の担当者による弁明として「路上生活者に対して硬直的な判断をしてしまった」と伝えられております。経緯はどうであれ、入場を拒まれたホームレスの方は体調を崩し、入院したとのことです。いや、あの暴風雨の中、命を落とす危険性すらありました。

わりと残酷な話だと思います。

都会は本当にホームレスが多いです。

各区が公園などでの生活を根拠に住民票でも作ってあげて、定期的に役所へ来てもらい生存を報告してもらうようにするのはどうでしょうか。中には好きでやっている人もいるようですし、環境整備や清掃など、短時間の気軽な仕事を与え、シャワーでも浴びてもらい、あとは自由にどうぞのスタンスでも構わないような気もします。

上手い具合に共存する方法を模索すべきでしょう。公園にいるのですから、警察と連携して、公園の警備や監視をしてもらうのも良いでしょう。こち亀の両津巡査長も、ホームレスのおっさんに派出所内の清掃をしてもらうエピソードがありました。結果はアレなんですが…

精神的負担にならない程度、地域のためになる何か小さな役割を与えるだけも、大きく変わって来るような気がします。ホームレスになる経緯は人それぞれですが、昨日まで普通の会社員だった人が、いきなりホームレスになるケースも珍しくありません。実際、スーツ姿のホームレスもいます。

社会には一定数の割合で壊れちゃう人はいます。

それは明日のあなたの姿かもしれません。

硬直的…つまりは、ドン引きして固まったと言うことですが、これに対して、当然との擁護する声は根強くあります。たしかに臭い、超臭いです。でも、強い雨風を凌げる場所さえあれば良いです。

別室だけでも提供すべきでしょう。

そこまでが人としての常識になると思います。しかし、これ以上は非常識になると思います。

たぶん、ホームレスだけ別室にして酷い!!差別ダ~!!と言う感じの脳内お花畑は必ず出現して来るでしょう。人が災害で苦しむ中、千羽鶴を送って寄こす物流テロリスト共と同類な匂いのする感じの人です。結局、そういう非常識な人が要らぬ差別意識を生み出し、助長させて社会を混乱に至らしめているのです。

そう言う人には…

一度生ゴミでも頭から被れ(´・ω・`)

by 印西太郎

印西市の小学校ではインド式計算法を算数の授業で習うらしい(´・ω・`)