大受難の千葉県

台風15号、台風19号、そして、先週末の記録的豪雨―

2019年は千葉県にとって大受難の年となりました。一カ月分に相当する雨量にも襲われ、比較的被害の軽かった北西部も大混乱でした。印西市と言えば、データセンターのイメージが強い自治体かもしれませんが、IT関連と並び多くの物流関連施設も集中して集まっております。

周辺自治体での道路冠水や交通規制による影響で、あらゆる業種向けの物流で大混乱が起きました。おそらく、その影響は今週にも及ぶと思われます。しかしなんだってまた千葉県なのか?今年は、台風進路が関東に直撃しやすい気象条件でもそろっていたのか?謎です。原因がなんであれ、二度あることは三度ある…が身に染みる。

もう、ここまで来ると…

本当に天災ですからM田知事ばかり責めていても

その知事を選んだ千葉県民の質も疑われます。

もちろん、台風15号の件は、どこかで、きっちりケジメを付けてもらいたい。また、語弊のある言い方になるかもしれませんが、これだけ短期間のうち、大きな災害に見舞われたのですから、千葉県の対応力や経験値も上がっているはずです(と信じたい)。今回の豪雨災害での千葉県の対応に期待です。

ただ、三度にも渡り、大規模な停電被害も発生し、電力関係者の体力的な疲弊度も心配されます。精神的にもだいぶ参っている人もいるんじゃないかと懸念されます。千葉県のどこかで、復旧作業にあたる電力関係者がお店で買い物をしようとしたら、店主に冷遇され店先で門前払いされた出来事が、一部メディアで報じられましたが…

やっぱりデマだったのか?

ちょっと気になるところです。もしも自分がラーメン屋だったら…

電力関係者には、特大チャーシューを無料サービスしたい。わりと千葉県民の名誉に関わる問題なので、これを報じたメディアは、責任を持って徹底取材をして欲しいと思う。でも、混乱した状況の中、程度の差こそあれ、そういったことはアチコチで起きていたかもしれませんね。

現場で不快な思いをされた電力関係者の方には、この後、何か超絶良いことが起きるよう祈ります。

今年は運悪く、気圧の配置だとか諸々の悪い気象条件が重なり、立て続け風水害の被害に見舞われ、油断していた部分もあったかと思います。こんな時に本当に不謹慎な言い方になるかもしれませんが、今回の経験を他県でも活かして欲しいと思います。来年は東日本の他県が…千葉県のようになる可能性が高いと懸念されます。

水防団、水防団が大切だ。

就職氷河期の人を公務員として防災要員にまとめて採用してあげれ(´・ω・`)

by 印西太郎

辛味噌ピーナッツであえた煮付けた麩の唐揚「辛子煮子麩(からしにこふ)」を食べた事はあるかい(´・ω・`)