来るべき日のために

Tweet  FB  B!  LINE

現在のところは日本一絶好調な自治体・千葉県印西市―

東洋経済住みよさランキング日本一の座に輝き、今後の見通しも順風満帆だと言われています。

人口10万人達成も間もなくだと思われます。

で、その楽観視された見通しとやらはいつまで続く話なのか?

市民により見解は若干違うようですが…

おおむね、東京オリンピックが開催される2020年までは絶好調だろうと言われています。でも、2020年まで後もうすぐじゃんorz

その後も何とかなるでしょうと言う事で、千葉県印西市・千葉ニュータウンは…

永遠の繁栄を約束された地

であるかのように、今も市内の至る場所で工事が行われ、開発は絶え間なく続けられています。

しかし―

よくよく冷静に考えてみれば、実はわりと深刻な問題と言いますか、今から対策と準備をしておかないと、後々深刻な問題を引き起こす事になるんじゃないのかと心配になって来ます。

これは大げさでもなんでもなく…

バブル経済崩壊直後の印西市の惨状を知る者ならわかるはず

だと思います。

オリンピック終了後も、日本経済が失速する事なく、右肩上がりの成長がさらに数年持続すれば良いのですが…しかし、あの当時、シャッター商店街と化したショッピングモールなんか目も当てられませんでした。

30万人都市構想がとん挫した印西市は完全に終わっていました。

印西市は、良く言えば都会と田舎の良い部分をチャンポンにしたような感じの街です。

しかし、悪く言えば…

都会または田舎としての潔さと覚悟に欠ける中途半端な街

であるのも事実です。

好景気の時は、豊かな自然環境の中で暮らす都市住人を自称していますが、逆に、景気が悪くなると、停滞する都市機能に嘆き田舎である事を悲しみます。これは、印西市民の悪い部分と言えるでしょう。

これは反省しなくてはなりません。どっちつかずの姿勢はいけません。

あくまでも…

印西市は田舎どころかギアナ高地のような秘境であった場所

である点も自覚しなければいけません。

自分の実家でも、近所のスーパーがひとつ撤退して父と母が今後の買い物はどうしよう…なんて、落ち込んで話込んでいたのを今も覚えています。

次の瞬間、父が「まさか、こんな寂れるとは思わなかった」と吐露します。

いやいや、印西町転入時は…

成田線は複線化されてそのうち快速電車も走るようになるし、将来は間違いなく印西町はウン十万人の市になるからよー、お前も学校卒業したら町役場に就職でもしとけ。お得だぞ!!もしかすると政令指定都市になるかもしれねーぞwww

と、ドヤ顔で言ってましたよね?

現状においてそんな事を口にしたら、まちがいなく専門病院への受診をおすすめされてしまうレベルの大言壮語を平気で吐いていたのはアナタでしょうにorz

普段何気に利用しているスーパーは実はひとつだけでしたとか、車のない老後の生活はまったく考慮してませんでした(←自分父)とか、ある日突然…

印西ライフで急所を突かれて右往左往

しているようではダメだと思います。

今は好景気でウキウキモードの印西市ですが…

来るべき日のために、できうるだけの対策と準備はしておくべきです。次も、ジョイフル本田が印西市を救ってくれるとは限りません。

印西市民は過去の同じ過ちを繰り返してはいけないと思います(´・ω・`)

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

田沼意次も天国から今の印西市をどう見ているのか(´・ω・`)