印西Fever

最新情報

印西町転入の想い出

個人的な昔話をしてみたいと思います(´・ω・`)

現在の自分の住まい(実家)は成田線沿線の某地区にあります。印西の新住民としては初期メンバー的な存在になります。いまでこそ、大々的に発展中の千葉県印西市ですが…

転入時はすったもんだと家庭内は荒れましたorz

もうウン十年も昔の話になりますが―

当時、自分はまだ高校生でした。高一の夏休みでダラダラと部屋で過ごしていた時です。部屋のドアのノックが鳴り、親父が今から大事な話をするので全員リビングに集まれと言ってきました。当時の我が家は、現在の印西市の西隣にある我孫子市住まいで、家族構成は父、母、妹(中二)、そして自分の四人家族でした。

いわゆる…

プリンは四連にすべきだと意見を主張する世のお父さんの叫びを象徴したような

典型的な家族構成でした。

リビングに行くと、親父がドヤ顔でソファに座っていました。

家族全員そろうと、親父は「お前達も大きくなった事だし、もっと広い家に越そうかと思う」と言い出し、自分も妹も!?と胸が高鳴りました。母は事前に知っていたらしく親父同様にドヤ顔でした。勿体ぶるように親父は次の言葉を発しました…もう、こんな我孫子のボロ屋なんか手放して、印西町で新しい一軒家はどうだ?

一瞬で体が凍りました…

我孫子市と成田市の間に挟まっているあの何か!?

自分も妹もorzな状態になったのは言うまでもありません。

都内の私立高校に通学していた自分、同じく、都内の私立高校への進学に憧れていた妹とも「学校が果てしなく遠くなる!!」や「引っ越すなら柏市に住みたい!!」と激しく抵抗しました。しかし、親父は期待を裏切りませんでした。良かれと思い何でもかんでも独断でやってしまう人でした。

親父はうなだれるように言います…

喜んでくれると思って契約して来ちゃったのにorz

って、もう契約したんかいな!!状態ですorz

続けるように言います。

お前達のためを想い学費だけはちゃんと確保してあるからと…

学校がどんなにどんなに遠くても夢の実現に向けて頑張れ

加えるように、学生は学割が効くのだから運賃安いし問題ないとか、俺は学割の効かない料金で映画館に入場しているんだぞとか、どうせ社会人になれば東京だ!!都心までの長い長~い通学時間に慣れておけとか、完全に的外れな反証を繰り広げます。最後に「俺の仕事は成田空港だけどさ」と本音をさらっと口に出しますorz

テーブルの上に家の図面を広げ、これからの生活を楽しそうに語り出し始めます。

この時ですよ…

成田線は複線化されて快速電車が開通するようになるだとか、印西町は将来間違いなく政令指定都市になるだと、学校卒業したら印西町役場に就職しろだとか、妄想パワーを全開にしていたのは…今、そんなことを口にしようものなら「いい専門病院を紹介しましょうか?」な感じになります。

アンタは車で成田空港まで楽々と通勤していたから知らんかったろうけど、当時の成田線は…いや、もうやめておきましょう。以上は個人的なただのグチです。