道路に対する感覚差の激しい印西市民

Tweet  FB  B!  LINE

もうとにかく全速前進な千葉県印西市―

未来永劫、地上の極楽浄土として、なんとしても現在の発展を維持継続させねばなりません。

世界屈指のニュータウンとしての星に輝き…

住みよさランキング世界一の座を射止めるまでは

その歩みを止めてはなりません。

そんなわけで、今後も急増し続ける人口に対応するため、あらゆる対策を講じなければいけません。

その対策の一環として、目に見えて分かりやすいものが道路です。陸の孤島として揶揄された過去も払拭したい一心からなのか、今日も市内のあちらこちらで新しい道路の開通工事が行われています。

新しい畳を敷いた部屋でゴロゴロ寝転ぶ快感を味わうかのごとく、新しく舗装された道路の上をゴロゴロ転がる印西市民なんていやしませんが…

ちょっと、困った者が一部おります。

印西市は、都会と田舎の良さが程よくブレンドされた感じが売りの街ですが…

都会と田舎の感覚差が市民によって凄まじくバラバラでメチャクチャ

なのもまた否定しがたい事実です。

良く言えば個性と言うものですが、それが悪い特徴となり顕著に表れるのが路上での行動です。

さすがに、パンツ一丁の姿で缶ビールを啜りながらフラフラ歩いているような人や、ズボンを下ろしてパンツの位置を公衆の面前で直すような人はいませんが、道路上で信じがたい行動を取る人がいます。

まず、どうせ車なんかほとんど通らない、通行量も少ないから大丈夫だろうと言わんばかりに、広い歩道があるにも関わらず、わざわざ路肩を闊歩する人やランニングをする人がいます。

中には、車道のど真ん中を歩いていたり走っている人も…

都内の路上で同じ事をやったら完全に〇チガイ認定

ですわ。

ランナーの場合、いわゆるランナーズハイと呼ばれる恍惚状態に陥っているのか、クラクションを鳴らされてようやく気づく人も…真正面から車に向かって人が走って来るのですから驚きです。

もちろん、車も車で問題のある運転の仕方をする人が平気でいます。

広々ときれいに舗装された路面状態から…

高速道路とカン違いしているドライバー

も素でいたりします。

もっとも、運転マナーの悪さで有名な千葉県です。

そんな千葉県民の悪い部分を余すことなくフルに発揮する環境が印西市には整っているのかもしれません。

信号無視や逆走、車線跨ぎなんて珍しくありません。おそらく、印西市は千葉県下で名古屋走りを頻繁に目撃する事のできる自治体でしょう。

こう言った天然系の印西市民がいるので、とくに、早朝・夜間帯の車の運転は十分注意しましょう。

取り締まりのための取り締まりをしているんじゃないのかって警察の姿勢には疑問なんですけど…

実は、そんな仕事熱心なお巡りさんにとって、印西市は最高の点数稼ぎの場になるんじゃないのかと思います。早朝や深夜の道路を見張っているだけで、たくさん捕まえられそうが気がするんですが…

ノーヘルも珍しくありませんので大漁でしょう。

印西市の交通安全のためガンガンやって欲しいと思います(´・ω・`)

でも…

印西市は真っ平な地形で高い建物も少ないためパトカーの赤色回転灯が遥か遠くからでも見えて完全にダダ丸分かり状態

です。

確信犯的に違反をする者にとっては好都合な環境です。

堂々と自分達の存在をアピールする事で「オレ達コップはここにいるぜ!!」と言った感じに、犯罪や違反行為に対する抑止的な効果を発揮する一面もあるのかもしれませんが…

印西警察署には、ぜひ、覆面パトカーによる見回りと取り締まりをお願いしたいところですorz

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

印西花火大会の失敗の原因はUFO(´・ω・`)