印西(いんざい)の由来について

Tweet  FB  B!  LINE

特異な字面から読み方を間違われる千葉県印西市―

住みよさランキングで全国から注目を集めるも、いまだに、印西市は「いんにし市」や「いんせい市」などと呼ばれることがあります。

そりゃ~あ…

西は「にし」や「せい」と読むのが一般的

ですorz

別の記事にも書きました通り、甲子園で準優勝した印旛高にあやかり、印西市ではなく印旛市とした方が良かったような気もします。ただ、印旛と言う字面自体も、少しゴッツイ感じがしますので、平仮名表記で千葉県いんば市とソフトタッチに行く路線もありだったと思います。

ところで…

気になる印西市の名の由来ですが、単純に、印旛沼の西側にあったから印西となります。

ちなみに、印旛沼をはさむよう東隣に位置する成田市には印東と言う地名や、印東ナントカと言った具合に、印東を冠した施設や企業なんかが普通にゴロゴロあります。

そうなると…

なぜ、成田市は印東市でないのか?

と突っ込みを入れたくなるでしょう。とりあえず、成田の由来については別の機会で調べて見たいと思います。その話はいったん横に置いといて本題を進めます。

この印旛沼…

突き詰めて行くと、大和朝廷の時代、北総地域一帯を治めていた豪族の印波国造(いんばのくにのみやつこ)の印波が由来らしく、時代とともに、その表記が印旛へ変わり今日に至ります。なぜ、波から旛へ変わったのかは不明です。ちなみに、旛の字は音読みをすると「ハン」です。判子と何か関係でもあるんでしょうか?

印波国造は神武天皇の親戚筋にあたるらしく、何分、たいへん大昔の話であるため、詳しい事は一切不明でえらい謎に満ちた人物となっております。でも、その経緯から、何となく印鑑や判子なんかと関係のあった人であるかのような匂いを感じさせます。

印鑑を片手に波風を立てる方であったかどうかは知りませんが、ここまで来ると、ただの偶然に思えません(と言っても、自分が勝手に決めつけているだけなんですが)。すでに、数千年も前の大昔の千葉県北西部に、印西市のゆるキャラ誕生に影響を与えた人物がいた事になります。

実際、印西市のゆるキャラとなる…

いんざい君は印鑑とサイのキメラ

です。

と言うより、お腹に捺印されたものかorz

もしかすると、時代を超えて、印波国造が現代の印西市に再臨して千葉ニュータウンで彷徨っていたところ、たまたま通りかかった、いんざい君をデザインした人に憑依して描かせたものかもしれません。特大サイズの判子を抱えて歩くいんざい君の姿は、きっと、印波国造そのものを写し出したものでしょう。

もしも、印西市内の暗い夜道で…

謎の円筒形の物体を肩に乗せて歩く人影を見たら

それは…

Amazon Echo Plusを自慢気に持ち歩く印西Feverのサイト運営者かもしれません。

今度、買うんだ(´・ω・`)

それにしても…

西と言う漢字はなかなかのクセものです。

素で西を「ざい」なんて読む人はそうそういません

いたとしたら、ぶっちゃけ変人です。

印西市役所による、全国…いや、世界に向けた、さらなる宣伝活動が求められます。

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

印西市おすすめのデートスポットは観覧車そらっぱ(´・ω・`)