データセンターの内部ってどんな感じよ?

Tweet  FB  B!  LINE

先進的な未来志向都市として発展を続ける千葉県印西市―

近年は、周辺地域との交通アクセスも飛躍的に向上し、陸の孤島の汚名を返上…市内には、いくつもの巨大物流基地が建設されています。これは単に、道路交通網が整備されたからと言う理由ではありません。

都心のオフィスから気軽に行き来できる東京至近な上、強固な地盤とノー活断層と言った災害に強い下総台地の上と来ているもんですから、企業の事業継続性の観点から、これほど理想的な条件を兼ねそろえた場所は、首都圏では印西市を置いて他にありません。

物流システムは現代社会の血脈です。

その基幹となる物流基地は、千葉ニューのような場所に設置したくなるのは当然です。

でも…

本社の担当者も北総線で日帰りできる距離なので楽

と言う大人の都合は内緒(´・ω・`)

ところで…

物流基地と言われると、多くの人は、貨物を一時的に保管する中継地点ってイメージが来ると思います。

大手物流会社ともなると、全国に何カ所もそういった巨大施設を保有して、北は北海道から南は沖縄までと、全国津々浦々、荷物が滞りなく配達できるようにシステムを構築しています。

物流は、目に見えるものだから、そんな感じでイメージがつきやすいと思います。

一方、同様な理由と立地条件から、印西市は物流業界のみならずIT業界からも注目を集めています。

首都圏で、これだけデータセンターが集中して建てられている場所は、やっぱり、印西市を置いて他にありません。今年に入ってからも、新たに、もう一つデータセンターの建設工事が開始されました。

ただ、物流システムとは違い、目で直接見る事のできない情報通信システムの世界の話を聞いても、なんだか雲をつかむような感覚を覚えるだけでしょう。

ぶっちゃけ、データセンターがどういったものなのか正確にイメージできている人は少ないと思います。

よくはわからないけど…

ボーグキューブのように内部は通信機器とコンピュータで構成されている建造物

と言うくらいの感覚です。

今日は、そんな方のために、いちおうは現在もIT業界の一角に身を置く自分が、データセンターと言うものについてお話をしたいと思うます。

まず、中の構造ですが…

各フロアは棺桶のような箱が縦方向にズラリとたくさん一杯いぱ~い

並んでいます。

その中に、ルータなどの通信機器やサーバと呼ばれるコンピュータが格納されています。言ってしまえば、コンピュータの賃貸アパートと言った感じのものになり、棺桶(ラックと言うんですが)は部屋に相当します。

当然ではありますが、それぞれの棺桶には鍵がかけられており、厳重に管理されています。

メガバンクなどの超大手企業は、独自のデータセンターを自社で構えて、丸々ひと棟が自分たちのものですが、世の圧倒的大多数の企業にそんな財力と余裕はありません。

なので、こう言ったデータセンターを間借りして自社システムを預けています。

中の警備は超厳重で、まず、一階の正面玄関の段階で、何重もの扉やゲートが設置されており、外からの侵入は容易ではありません。

これはセンターによると思いますが、核シェルターの防護扉みたいなものを設置しているところもあります。天井の至るところに監視カメラが設置されているのは言うまでもありません。

また、フロアやフロア内部を分割するエリア毎に、暗証番号や指紋、手の静脈などを利用した個別認証システムが導入されているのが普通で、自由に各フロアを行き来できる訳ではありません。

施設内で変な事をすると、警備員やセンター職員がすっ飛んで来ますので悪ふざけは厳禁です。

軽い冗談のつもりで要らぬ何かに触れて警報を鳴らすバカ

が年に何人かいるようです。後で滅茶苦茶怒られます。

次に、中の機能的なものですが…

データセンターに停電は絶対にありえません。なので、無停電電源設備が二重、三重構成に組まれており、電力は確実に確保された状態が維持されています。

そして、なんと言いましても、コンピュータはたくさんの熱を放出しますので、空調はこれでもかと言うくらい年間を通じて快適なものとなっています。

快適と言いましても、機械にとってはと言う意味です。

言ってしまえば…

データセンターは刑務所と同じで娑婆の空気とは違う風が吹く閉じられた世界

でしょうね(´・ω・`)

ちなみに、これは余談ですが…

万が一、停電なんて事故を起こすと、そのセンターの信頼は再起不能なまで失墜します。

実際、そんな事故を起こしたセンターが都内にいくつかあり、退去率の高さと入居率の低さで目も当てられない状況となっているそうです。顧客企業の業務停止やデータ消失などの損害を与える事になり、損害賠償の額も半端ないものとなります。

あと、銀行の事務センターも、昔とは違い、内部はほとんどデータセンターみたいなような感じになってます。

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

辛味噌ピーナッツであえた煮付けた麩の唐揚「辛子煮子麩(からしにこふ)」を食べた事はあるかい(´・ω・`)