北総線の運賃問題について

Tweet  FB  B!  LINE

住みよさランキングで肝心な点に触れられていない千葉県印西市―

その肝心な点とは、これまでに散々取り上げて来た北総鉄道(以下、北総線)の運賃問題です。とにかく、運賃が首都圏の他の鉄道路線と比較して群を抜いて高いと言う点にあります。

ただ、北総線に限らず、新しく開通した鉄道路線は運賃が高めにある傾向にあります。また、JR成田線も都内までの距離ともなると、決して安い訳でもありません。都内への通勤通学に関して言えば、北総線も成田線もほとんど変わりありません。

そもそも、サラリーマンであれば交通費は会社が支給してくれますし、学生は交通費も含め多方面で学割が利きますので、言われているほど印西市の生活でネックとなる問題ではありません。たしかに、運賃は高いかもしれませんが、それと引き換えに、利便性もそれ相応の高さとなっております。

ここで、あらためて、運賃の比較をしてみたいと思います…

北総線の千葉ニュータウン中央駅から東京駅までは50分程度で片道¥1,171になります。対して、JR成田線の木下駅から東京駅までは時間は1時間少々で片道¥972になります。ぶっちゃけ、大して変わりありません。

では、他の自治体住まいだとどうなるでしょうか?

例えば、湾岸エリアの習志野市から千葉市までの一帯は、千葉ニュータウン同様、URが整備した団地が多くあります。JR総武線の津田沼駅から東京駅までは…時間帯にもよりまが30~40分ほどで片道¥464になります。千葉駅からだと50分くらいで片道¥637です。人口過密地帯の高需要路線なので運賃は安いです。

しかし、これら一帯は豊かな自然環境とは程遠い…

潮風が不快で海から謎の異臭も漂って来る(空気がまずい)

上に、治安も悪くゴチャゴチャとした、とってもダークネスなエリアです。当然ですが家賃など住まいに関わるお金も高くつきます。住んでいる方には本当に申し訳ありませんが、そんなところに住むくらいなら都内の方が断然良いと思います。それか、同じ近郊なら横浜市やさいたま市がおすすめでしょう。

住みよさランキングでは、しばしば、運賃を反証の論点として取り上げる方がいますが…

印西市は他の街の生活で得られないものを多く享受できる

それなりの場所で、高い運賃が設定されているが故、それ相応の人が住んでいる側面があるのも事実です。東京に至近で豊かな自然環境の中で生活できる場所なんて印西市をおいて他にありません。それでいて、都市生活の利便性を十二分に享受する事もできる贅沢な場所となっています。

少なくとも…

朝起きて窓を全開にして深呼吸のできる空気のうまい環境

です。印西市と同様の自然環境となると、青梅など東京西部の自治体くらいで、都心から相当離れた場所になります。青梅駅から東京駅までは片道¥918ですが1時間強になります。ドアtoドアとなると実質の通勤通学時間は2時間近くになるかもしれません。当然、印西市のように商業施設など都市機能が充実している場所ではありません。

余談ですが…

自分が以前いた会社の同僚が青梅住まい人で、毎日片道2時間近くもの時間をかけて通勤していましたね。でも、本人は空気のうまい豊かな自然の中で暮らしたいだとかなんとか言ってました。それでも、アウトドアなんかが趣味な方は良い人生になると思います。思いますが、だったら、印西市に引っ越せば…とも、余計なお世話かもしれませんが、個人的にそう思わずにもいられません。

北総線ですが、現実的に考えて、運賃が大幅に下げられる事なんて期待できません。

もう…

印西市での生活は前向きな思い込みによる開き直りが必要

なんでも物事には一長一短があります。

交通費だけを基準にして住まいを選ぶのは、それ以外の大きなメリットを切り捨てるようなものです。本来、都心から片道2~3時間の相当の場所であるところ、不思議な鉄道会社の謎な運賃で50分程度に短縮された場所に住んでいると思い込むしかありません。そう思い込み、開き直るしかありません。

尚、運賃と所要時間はYahoo乗り換え案内(2018年10月現在)を参考にさせて頂きました。

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

印西市は印旛沼の西側にあったから印西なんだからね(´・ω・`)