印西市の隠れた銘菓

目新しいものが何もない千葉県印西市(´・ω・`)

カミツキガメの味噌ピー唐揚げでも作るのかどうかは知りませんが…

印西市は、どういう訳がB級グルメで町おこしを画策しています。でも、B級グルメなんて所詮はB級です。

印西市には伝統文化食はないのか?と言われたら…

印西手焼き煎餅

なるものがあります。

これは通称で、正確な名称は「木下せんべい」です。

その名の通り、成田線の木下駅周辺で伝わる伝統文化食となります。木下はもともと宿場町だったので、何気にこういった古き良き伝統が残っていたりします。

現在、同駅周辺で七店舗ほど手焼き煎餅を製造、販売しているお店があります。

職人さんが一枚づつ丁寧に炭火などを使用して焼き上げるとっても美味しい煎餅です!!煎餅の材料は、北総地域で収穫されたコシヒカリなどを使用しております。

印西市内のセブンイレブンでもレジ近くの目立つ位置にほぼ置いてあります。

お店により種類も豊富で味もそれぞれと言った感じです。特に、印西市に暗黒時代から古くから住んでいる旧住民のお爺ちゃんお婆ちゃん達のお茶受けとしては欠かせないものとなっております。

なので…

印西市民でスーパーなどで普通の煎餅を買う人は真の印西市民にあらず

と言ったところになります。

その他、木下駅周辺にはもろもろの隠れた和菓子の名店が存在します。

煎餅以外にも…

久七団子なるダイナミックな串団子

があります。

と言っても、普通の白玉の串団子なんですが普通とは違います。

餡子とみたらしの二種類しかありませんが、餡子やタレが豪快が付いてます。いや、もう、スーパーやコンビニなどで普通に売られているものとは全然違う…

そんなインパクトを受ける銘菓となっております。

当然、店頭での手作り品になりますので、本物の串団子が味わえます。

一本80円と言う、子供も安心して買える超良心的お値段!!

(2018年時点で)

こちらは、煎餅とは違いリンク先の実店舗へ行かないと買えないのが残念ですが、木下にお立ち寄り際は、ぜひ、お買い求め頂きたい商品となっております。

以上で紹介した商品を取り扱っているお店は、主に、成田線木下駅の北口側にあります。同駅の北側は依然として古い街並みを残し、伝統を色濃く感じさせる場所となっております。

千葉ニュータウンの新住民もあまり寄り付かない場所(市役所や警察署も南口にあるため)ですが、たまの休日、木下の旧市街地の散策もおすすめです。

ただし、道が若干狭いので出歩く際には車等にお気をつけ下さい。

印西市民なら煎餅と団子を買え(´・ω・`)

by 印西太郎

関連記事

急激な都市化の影響による弊害について

とりあえず順風満帆な千葉県印西市(´・ω・`) 果たして、これからも日本一の王座を守り抜く事ができるのか!? 2012年、東洋経済住みよさランキング日本一の座に輝いて以来、その座を譲る事なく現在まで七連覇を成し遂げています。しかし、これには少しばかり疑問です。 自分の勝手な思いですが… 今年の住みよいランキングは二位以降に転落する可能性を秘めています。急激な …

印西市の光と影

市内の至る場所で開発の続く千葉県印西市(´・ω・`) 宅地、公園、道路、遊歩道、整備林、そして、ショッピングモール等々、その種類や区分も様々です。 今春も、フォレストモール印西牧の原という新しいショッピングモールが印西市に爆誕しました。こんなにたくさんお店を作って本当に大丈夫なの?レベルです。 実際、印西市はスーパーの激戦地となっており、場所により入れ替わり …

夏夜の謎・外は涼しいのに家の中が暑いのはどうして?

日本一日当たり良好物件の多い印西市(´・ω・`) やっぱり、家を買うなら日当たりの良さは絶対に外せません。 最近の家ともなれば、屋根の上に太陽光パネルを搭載しているのは珍しくありませんので、やはり、その機能もフルに発揮させたいものです。 しかし、印西市は本当に日当たりが良過ぎるので、夏の夜ともなれば、ある不思議な現象に悩まされます。いや、別に印西市だけに限っ …

印西花火大会の失敗の原因はUFO(´・ω・`)