印旛沼の水産物

印旛沼の西側にあったから千葉県印西市―

住みよさランキング全国一位に輝く印西市も、かつては、陸の孤島とバカにされ続けておりました。そんな事はもう何回も聞いた。だから何?と言った感じで突っ込みを入れたくなることでしょう。

まあ、話を聞いて下さい。

内陸にある自治体だからと言って、水産資源がゼロと言う訳ではありません。印旛沼と言うとニュース報道の影響からか、あの狂暴なカミツキガメのイメージがすっかり定着してしまっています。

でも、実は…

印旛沼周辺では国産うなぎの養殖が盛ん

に行われています。

国産のうなぎですよ!!国産の!!昨今は、中国産のうなぎが日本国内に浸透していますが、印旛沼では国産を食する事ができます。印旛沼漁協では直営レストランも運営しており、印旛沼の国産うなぎをいつでも食べることができます。と言っても、漁協のレストランは対岸の成田市にあります。

その他、印旛沼とその水系には、マブナやモツゴなどのコイ科を中心とした魚類が多数生息しており、それ目当ての釣り客も多く目立ちます。また、ハゼ科も何種類か生息しており、水揚げされたものは佃煮として加工され、お土産として販売されています。

このように、非常に豊かな水産資源を有した湖沼地帯となっております。釣り好きなな方にとっても、印西市での生活はとても魅力溢れるものとなるでしょう。

北西は手賀沼水系、北は利根川水系、北東から南部までは印旛沼水系と、川釣りが大好きな人にとっても天国のような環境です。普段、東京で働くサラリーマンの方も、休日は活字を忘れて、週末田舎暮らしの一環で印西市の水辺でゆったりまったりと釣り糸を垂らしながら時を過ごすのも悪くありません。

ちなみに…

印旛沼水系にはメダカやタナゴもいます。お子さんの水遊びにも最適ですが、印旛沼にはあの狂暴なカミツキガメがいることだけは決して忘れないで下さい。足元の見えづらい、葦が群生しているような沼地に入るのは避けた方が良いでしょう。どこに潜んでいるかわかりません。非常に危険です。

根絶に向けた駆除は地道に行われていますが、繫殖力が半端なく捕まえても捕まえても追いつかず、ドンドン増える続けると言う悪循環が続いております。

ただ、聞くところによると、このカミツキガメ…

食べると鶏肉に近いものを感じる食感で美味

との噂を耳にします。これは、個人的な思いですが、カミツキガメ自体は悪くありません。勝手に放流した人間の問題です。駆除と言う名の無益な殺生を行うくらいなら、いっその事、水産資源として有効活用できないものかと感じます。ごっついスッポンだと思えば良いでしょう。

現場で捕まえて、鍋料理にしたり、唐揚げにしたりと、実際に調理して食べている人もいるようです。

ああ、なら…

味噌ピー唐揚げの具材にカミツキガメ

と言うのはどうでしょうか?いろいろ調べてみたところ、インターネット百科事典でおなじみのウィキペディアでも食用可能で「もも肉とスペアリブの中間のような食感(Wikipedia「カミツキガメ」引用)」と書かれています。難点は、あまりもの狂暴性から捕獲に難儀する点でしょう。

なので…

腕に自信があるだけでなく腕力にも自信のある武闘派な料理人

は、印旛沼でカミツキガメ専門料理店を開けますね。目の前に広がる沼地に材料がワンサカいることですし、駆除と実益、そして、己の料理道を究めんとするそのチャンレジ精神を満たす一石三鳥となる事から、素晴らしい人生になるものと思います。

もし、本当に開店したら食べに行くわ。

最後に釘を刺しておきますが…個人によるカメツキガメの捕獲は基本おすすめしません。素人がやるもんじゃありません。噛まれた場所によっては普通に〇にます。

つーか、本当は事前に法律的な手続きが必要らしい。

でも、その場で獲って食ってる人いるな…許可取ってるのかな?どうしてもって人は、千葉県環境生活部自然保護課鳥獣対策班へ「食べるけどいい?」と確認をした方が無難かもしれません。

印西市を「いんにし市」とか「いんせい市」なんて読んだ事のある人は手を上げなさい(´・ω・`)