印西Fever

最新情報

印西市の史跡

首都圏のギアナ高地だった千葉県印西市―

印西市周辺には、国際空港のある成田市をはじめ、我孫子市、佐倉市と言った全国的にも知名度抜群の自治体が勢揃いしております。しかし、それに囲まれるように、長らく北総地域の真空地帯として取り残され、遅ればせながら頭角を現し始めたのが印西市です。

だからと言って、本当の本当に何もなかった訳でもありません。松虫姫や印波国造のような伝承が数々とあり、わりと太古の大昔から意外な人物と所以のある地でもあります。

印西市内には古墳なども点在し、中でも道作古墳群と呼ばれるものは、北総地域では最大級の部類に入るらしい。印西市では、これら古墳の謎を解明すべく、日夜、研究と調査を続けています。なお、上のイラストはあくまでもイメージです。実際は…いや、やめておきましょう。

兎にも角にも、未開の地だった太古の印西市にも…

着実に根を下ろし生活していた大変もの好きな人々

がいたようです。

とりあえず、時計の針をもう少し進め、平安時代に入ると…と言っても、その末期で、鎌倉時代が目と鼻の先なんですが、印西市には意外な人物がやって来ていたようです。

木曽義仲の側室で女武者として知られる…

巴御前の終焉地

とされています。

巴御前と言えば、日本史ファンでは知らぬ者はいないでしょう。超人気な女武者さんです。とても強かったらしいです。現在で例えたら、きっと、極妻シリーズの岩下志麻のようなカッコいい女性だったと思われます。でも、木曽義仲が粟津の戦いで討ち死にしてしまったので、彼に付き従っていた巴御前は東へ東へとひたすら敗走しました。そして、松虫姫同様にたどり着いた地が印西市と言う訳です。

詳細な経緯は不明も、印西市内で出家して尼僧となり…

齢91になるまで小林地区に隠れ住み続け生涯を閉じた

とされています。

そのため、彼女のお墓とされる「巴塚」が小林地区にあります。


巴塚 - まるごとe! ちば -千葉県公式観光物産サイト-

以上は、あくまでも「とされている」だけの話です。ぶっちゃけ、彼女の行方に関する話は諸説あり、巴塚が本物かどうかまでは分かりません。でも、印西市民の一人として、なんだか信じたい気持ちが強くありますね。いえ、自分は信じます!!日本史上類まれな超スーパーヒロインが印西市にやって来ていた事を!!

それはさておき…

小林地区の新興住宅街は、もともと密林地帯の一角であったため、宅地造成される前は、森の中にいろいろな物があったそうです。お墓らしきものや…なんかの遺構や謎の遺物もあったそうです(小林地区の旧住民談)。

巴御前と行動をともにしていた落ち武者達も相当いたはずです。

もしかすると、彼らの…いや、やめておきましょう。とりあえず、夜な夜な、鎧兜を身に着けた姿をした人が小林地区を徘徊…なんて話は聞いたことがありません。きちんと供養されているようですので大丈夫でしょう。