印西Fever

最新情報

印西市の人間関係について

都会と田舎のメリットを同時に体感できる千葉県印西市―

平日は千葉都民として東京へ、休日は週末田舎暮らしを実現…さらに、身近に充実した商業施設や医療機関があるなど、東京至近でそんな理想的な生活環境とライフスタイルを手に入れる事ができるのは印西市を置いて他にありません。しかし、逆にデメリットと言いますか、急所となる恐れのある部分がない訳でもありません。

去年、印西市は人口10万人を突破して、現状においても、市外からの人の流入が止まりません。まだまだ人口は増え続けるものと思われます。

しかし、印西市は広いので…

依然として体感人口は数千人程度の村レベル

と言っても過言でないでしょう。

市内のどこへ行っても人がまばらです。さすがに、休日の千葉ニュータウンともなると、ショッピングモールや駅周辺は人でごった返しますが、それ以外の場所となると本当に人はまばらです。公園なんか一人占めできます。あまりにも広過ぎるので、人口密度が極端に小さくなり、体感的に市と言うより村を思わせます。

印西市へ転入して間もない時期は…

印西市は本当に10万人もの人が住んでいるのか?

と、突っ込みを入れずにはいられない微妙な心境になります。

考えても見てください…

もし、あなたが広大な海を往く孤独な航海者だったとしたら…途中、見知らぬ船と出くわした際には、手を振ったり挨拶の発光信号を送ったりと、コミュニケーションを取らずにはいられない気持ちになる事でしょう。やはり、どんな人でも、孤独になると誰でもいいから人と話をしたくなるものです。

インターネット・情報通信が発達した時代にあっても…人と人とのコミュニケーションと言う名の噂話には関心を寄せないでいる訳にはいきません。もちろん、印西市民の全般的な傾向として、良識的で性格の良い感じの人が多いので、他人の悪口なんか口にしていると、周囲の人から距離を置かれるようになります。

とは言え…

広大な印西という大地では、出会った人との情報交換は心の支え

となります。

働き口のたくさんある印西市では、普段の仕事から日常生活までと、市内で完結したライフスタイルを確立している人が非常に多いのも特徴です。なので、市民同士による噂話のループができていたりします。下手をすると印西市は、ITなんかよりも人間同士のアナログな情報伝達の方が盛んだと言えます。

市内の事業所間を転退職する際は、会社同士の連絡以前に…

それぞれ双方に勤めている従業員同士の連絡が確実に行く

と思った方が良いでしょう。

どこの事業所と事業所も、高い確率でご近所や知人、同級生などを介する形の、業種の壁を越えた人間関係があります。ショートメッセージやLINEなど通じて「どんな感じの人?大丈夫?」や「勤務態度はどうだった?」なんて情報のやり取りをしていたりします。

場合によっては…

採用担当者が現場の人間から猛烈なダメ出しを食らう

なんてのもあります。

印西市内でバイトをバックレた経験のある子は…

この点を留意しておけ。採用されたとしても居心地が悪くなって、結局はすぐ辞めるハメになる。経歴をごまかしても印西市ではすぐバレるので、もう、市外へ活路を見出しましょう。印西市は土地は広いが人間関係は狭かったりする一面もあります。それがメリットとなるかデメリットとなるかは、本人のそれまでの行い次第です。

逆に、どういう訳か人が次から次へと辞めていくような会社は、印西市民の底の深さを、あまりにも知らなさ過ぎと言えるでしょう。印西市への進出を検討している企業はこの点も留意しましょう。印西市には全国から多くの人が集まって暮らしています。悪評が立てば、それが全国に向けて広がります。

現代の印西市において、そうそう下手な事はできません。暗黒時代のノリで過ごしていたら、市内での生活が立ち行かなりましたなんて事にもなりかねません。