印西市のバス路線

車がないと生活できないと言われる千葉県印西市(´・ω・`)

たしかに、印西市で暮らすなら車はあった方が良いでしょう…

しかし、印西牧の原地区のように車なんかなくても余裕で生活できるエリアもあります。

また、印西市は東西を軸を開発が進められた歴史的な経緯があるため、どうしも、南北の移動が不得手なイメージがあります。でも、現状において、バス路線もかなり拡充されております。

言われているほどネックとなる問題ではありません。また、病院の送迎バスだってガンガン走ってます。

車のない…

成田線沿線住民もバスで普通に千葉ニュータウンへお買い物

に行く時代へ移行しつつあります。

車がないと生活できないなる話は、ぶっちゃけ、暗黒時代の印西町のイメージが根強く影響しているだけに過ぎません。いざとなったら、ネットスーパーや生協などの宅配サービスも充実しております。

車がなくても死ぬことはありません。また、印西市は強力なバス交通システムを構築しております。

他の自治体ではあまり見られない…

どこまで乗っても¥100な地域コミュニティバスを運行

しております!!

通称「ふれあいバス」と呼ばれるもので、市内のほぼ全域をカバーしております。

ただ、小林地区と千葉ニュータウンの間だけはどういう訳か路線が開設されておらず、代わりに、千葉レインボーバス(京成グループ)が走っております。

運賃は最大で¥210と割高。

どうせなら、木下→小林→印西牧の原→千葉NT中央→木下と言った感じに、山手線のようにグルグル走る巡回コースのような路線があると便利な気がしますが…

ま~あ、そこは大人の事情ってヤツでしょう。

でも、そうしてもらえると、市内のどこへでも自由に行き来できるようになるので便利。

ふれあいバス以外にも、北総線沿線を中心に「生活バスちばにう」というものも運行されております。

こちらは、車のない印西市民のためと言うよりは、高額な運賃問題で何かとやり玉にあげられる北総線に対抗する形で開業しました。

北総線の半分ほどの運賃で印西市外への離脱が可能となります。

当初は、千葉NT中央駅~新鎌ヶ谷駅のみでしたが、現在では印西牧の原地区を巡回するコースも開設され拡充されています。

これに対し、北総鉄道は「やりたきゃやれば」や「眼中にないわ」的な冷淡な態度を示すにとどまります。個人的には、北総線の運賃問題は致し方ないと思っていますが…

さすがにコレはないと思います。

(結局、京成もこれに対抗するため虹バスで千葉NT~新鎌ヶ谷の間に格安路線を開設した模様)

なので、印西市(いちおうは北総鉄道の株主)も北総線はあきらめて、こういったバス事業を積極的に支援するようにすれば良いと思います。

北総線の高額運賃問題に関しては…個人的に致し方ないものと考えております。

だがしかし、京成よ…

後出しジャンケンは頂けないと思うぞ(´・ω・`)

by 印西太郎

関連記事

白鳥の飛来地として知られる印西市

東京至近でいながらワンダーな自然環境を残す印西市(´・ω・`) 野鳥に興味のある方やバードウォッチングが趣味の方ならご存知かと思いますが… 印西市には、関東地方でも屈指の白鳥の飛来地があります。そのため、毎年12月から翌2月初旬頃までの間、印西市内の調整池や用水池などで白鳥をよく見かけます。 これは30年ほど前… たまたま現在の印西市本埜地区のとある場所で、 …

ご近所デビューは謙虚な姿勢で

今春転入したてのホヤホヤの印西市民のみなさま(´・ω・`) いよいよ新年度がスタートしますね。 これまでにない新しい人生の始まりです。翼を大きく広げて元気よく印西ライフを楽しみましょう。 住みよさランキング日本一の千葉県印西市/千葉ニュータウンは、本当に生活がしやすい環境が整っております。しかし、無駄なまで羽を広げ過ぎるのも禁物です。 特に、戸建住宅を購入し …

印西市の春一番

年間を通じて風が吹きすさぶ千葉県印西市(´・ω・`) 印西市は真っ平な地形なため、本当に風が拭きっ晒し状態な自治体です。 特に、春ともなれば宅地造成地や周辺の農地等から、猛烈な勢いで砂ボコリが舞い上がります。花粉の飛散時期とも重なり、花粉症に苦しむ人が住むには過酷な自治体かもしれません。 花粉症でなくとも、砂粒がプチプチと顔に当たる感覚はイヤなものです。また …

ボートレースいんば…なんてものがあったらいいな(´・ω・`)