印西Fever

最新情報

印西市と周辺自治体との関係性について

我孫子市

印西市の北西部と接しており、暗黒時代は成田線を通じて関係性が深かった。言ってみれば、一番仲の良かった幼馴染同士のような関係と言える。近年は、北総線が印西市の主要交通機関であるため、印象はだいぶ薄れるも、我孫子市自体は関東では知名度は抜群な自治体であるため、印西市から見ても何気に存在感は大きい。

印西Feverのサイト運営者も、幼少期を長らく過ごしていた自治体でもあるため、生まれは東京都も第二の故郷的な感覚の持てる自治体となっております…と、これはただの個人的な事情。でも、印西市民の間(特に旧住民や先行新住民)は、わりと我孫子市と何らかの関係のある人が多い。

柏市

印西市の北西部とほんのちょこっとだけ接している。暗黒時代のお買い物先は、成田線で柏へなんてパターンが多かった。柏のそごう(閉店済)へ買い物に出かけるのが印西町民のステータスだった。暗黒時代の印西町はほんと何もなかったので、柏は煌びやかで眩しい大都会に見えた。近年は、完全に存在が薄れている。

位置関係的に、柏市-我孫子市-印西市と並んでいるも、柏市が触手を伸ばすがごとく、その領地の一部を印西市にくっ付けている。印西の暗黒時代は柏の黄金時代とも言える…印西市民にとって、そんな昭和チックな感傷に浸れる自治体である。とは言え、現時点においても、同市の北総地域における経済規模は大きい。

栄町

印西市の北東部と接しており、暗黒時代から黎明時代初頭くらいまでは、栄町役場周辺のショッピングモールで買い物をするのもわりと普通だった。しかし、千葉ニュータウンの開発が進むにつれ客足が奪われ、高齢化も顕著で、かつての活気は失われつつある。紀文の大きな工場があるため蒲鉾の街のイメージが強すぎる。

紀文以外にも大きな工場がたくさんあり、暗黒時代の経済的に困った印西町民が働きに出かける場所でもあった。脱サラしてお店を開くも、ほどなくして潰した知り合いが真っ先に候補に選んだ場所。近年は、同町の台所事情が怪しく、密かに成田市への編入を企んでいるらしい。

成田市

印西市の東部と印旛沼を挟む形で接しており、印西市民のわりと多くが成田空港で働いており、現在、経済的に一番関係性の深い自治体と言える。また、すでに別の記事でも紹介した通り、今後、印西市とは災害対策・防災・医療面でも関係性を深めて行くものと予想されている。現在、印西市と成田市を直結する国道も整備中である。

印西市と同じく、東洋経済住みよさランキングでは常に上位20位内を推移するなど、駅周辺の宅地開発は進みきれいな街並みが整備されまくっている。国際空港があるだけでなく、成田山新勝寺のある自治体としても知られ、全国的にも知名度抜群な自治体である。

白井市

印西市の西部と接しており、現在、成田市に次いで関係の深い自治体となっている。千葉ニュータウンの開発ではタッグを組んだ。なので、いっその事、一緒になりましょうと言うことで、一時は印西市・白井市合併案がありましたが、もろもろの事情で流れました。今後は良きライバルの関係として協調して行くものと思われる。

梨の栽培地として著名な自治体である。北総市構想の際は、印西市は嫌われてしまったが、現状における印西市の発展ぶりから、今後、合併話が再燃する可能性も秘めている…なんて言うと「え~~~!!」なんて眉間にしわを寄せて叫ぶ白井市民も軽く数万人いるので、あくまでも可能性の話。

八千代市

印西市の南部と接しており、多くの八千代市民が印西市の千葉ニュータウンへ買い物や働き来る。昼間の印西市内における八千代市民人口はわりと増える。しかし、同市と結ぶ主要交通網が皆無で、車を持っていない人には存在感ゼロの自治体となる。印西市は東西を軸に開発を進めた街であるため、車がないと南北の移動は不得手となる。

村上団地をはじめとする公団が整備した団地がたくさんある自治体で、人口は20万人近くもおり、北総地域の自治体と言うよりは千葉湾岸エリアの自治体と言った方が正確な表現かもしれない。印西市を取り巻く自治体の中で、現状もっともカオスな街となっている。昔の印西町の暗黒時代を匂わせる自治体である。

佐倉市

印西市の南部と印旛沼を挟む形で接しているも、八千代市と同様、同市へ結ぶ主要交通網が皆無であるため、印西市における佐倉市感はゼロである。印西市では佐倉市は近くて遠い自治体となっている。成田市と違い、印旛沼が両者の関係をさらに遠ざけている。特段、仲が悪い訳ではないが、地勢的な問題から互いの関係を遠ざけている。

国立歴史民俗博物館のある自治体で、千葉県民なら知らぬ者は絶対にいないはず…歴史と伝統を何気に重々しく感じさせる街となっている。印西市とは本当に関わり合いが薄いため、印西市民から見て同市の実情を正確に把握している者は少ない。昼間の印西市における佐倉お買い物民の存在も極めて少ない。

酒々井町

印西市の南東部のあの妙に突き出た部分(平賀地区)と接している自治体である。平賀地区の最寄り駅は、もはやJR酒々井駅や京成酒々井駅となるため、何気に印西市と互恵関係にある自治体と言える。しかし、平賀地区住民以外は直接関係ないため、一部のマニアックな印西市民の間でしかシンパシーを感じていない。

それにしても、なんだって…まるで印西市が酒々井町に打撃を与えるような感じのする…この特異な地形は、普通の人なら気にしないでいる訳にはいかないだろう。印旛沼干拓に乗じた、南東部への侵略を企む印西市の出城と呼んでも差し支えはないと言える。