印西Fever

最新情報

住みよさランキングは満更でもないと思う

住みよさランキング2018で全国一位七連覇を果たした千葉県印西市―

この東洋経済新報社の発表するランキングに対して、全国から疑惑と疑念の声を集めています。正直、印西市に住んでいる自分ですら100%納得はしていません。

安心度、利便度、快適度、富裕度、住居水準充実度なる、これら五つの評価項目の選定理由と算定方法(偏差値)も分かりづらく不透明なため、データに対する不信感を招いているのは否めません。

ただ、元データはすべて中央省庁が公表している公的統計データなため…

東洋経済住みよさランキングは信用性ゼロと言う訳でもなさそう

です。

でも、庶民的な感覚と言いますか…万人ウケする分かりやすさが決定的に欠けた評価方法だと思います。

それ故に、納得できない声が上がるのは当然な話です(´・ω・`)

でも、別の何かに当てはめて見ることで、その傾向や特徴が具体的に一致して見えて来るので、東洋経済の住みよさランキングは満更でもないと思います。

なんと言いまして算定された数値は偏差値です。

偏差値と言えば、一般人は学生時代の時の模擬試験でお世話になるものですよね。

なので…

いんざい君はきっと東大合格間違いなし!?

なんでしょうかorz

いんざい君の努力が実り晴れて東大生になり今春入学…

なるほど、たしかに東大は学びやすさ日本一の大学だ(´・ω・`)

いや…

何か少し違うかorz

でも…

なんて感じ大学、今は多いよね(´・ω・`)

二番目の利便性と言う観点に限定すれば、郊外の田舎の印西市なんかよりも、東京の自治体が方が圧倒的に有利のように見えますが、それ以外の要素は、まんま都会の悪い特徴と相通じるものを感じます。

少なくとも、印西市は…

街中で訳もなく騒ぐ人はいないし、人口密度が低いでの市内のどこもかしこもスカスカ状態、さらに、全国から平均以上の人が集まった自治体で市民の心にゆとりがあるので要らぬ事はしない、市内は商業施設で超充実している…やっぱり、印西市は東大級の自治体だと思います。

二番目の問題が北総線の高額な運賃問題とか、車がないと不便といった声に繋がるんでしょうね(´・ω・`)

でも…

都内のタワマン暮らしは、朝夕の登り降りが大変らしいです。

住みたい街ランキングで常に上位に位置する武蔵小杉は、実際は、住人の移動に伴う混雑で毎日の通勤通学が大変との話です。つい最近もニュースに取り上げられ記憶の新しいところでしょう。

逆に、学校や職場の近さ、交通面での利便性に甘えて時間ギリギリに行動する方も目立ちます。悪気があって言う訳じゃありませんが、そういった場所に住んでいる方は、ゆとりがなくアクセクしている印象があります。朝夕の印西市において、混雑して人の流れが滞留して押し合い圧し合いになる場所なんてありません(´・ω・`)