印西Fever

最新情報

成田線の駅名が読めない件について

素で市名を読み間違えられる千葉県印西市―

しかし、北総地域一帯には印西を凌ぐレベルの地名がたくさんあります。

暗黒時代の印西町の主要交通機関だった成田線にも、もう、なんて読んだらいいのか分からないワケワカメな駅名がいくつかあります。

ちなみに、千葉県内のおける成田線と称する路線は、本線(佐倉~成田~銚子)と、成田から分岐して我孫子へ向かう我孫子支線、そして、同じく成田から分岐して成田空港へ向かう空港支線の三つあります。このサイトでは、成田線と言ったら我孫子支線を指すものとします。

成田線活性化推進協議会
成田線活性化推進協議会 - www.naritaline.com

その我孫子支線ですが…

さすがに、我孫子(あびこ)を読めない人はいないと思います。最初の一字目が違うにも関わらず、漫画家の藤子不二雄Aで著名な安孫子素雄氏の影響もあり、我孫子はわりと全国に浸透しています。大阪にもまったく同じ地名があるので、関西の人が関東にやって来た際は混乱するかもしれません。

問題は、我孫子駅から四つ目にある布佐駅(我孫子市)です。

素で…

ぬのさ駅?ヌメヌメしているの?

と思うことでしょう。

布佐(ふさ)と読みます。昔、何かの資料で…繊維の原料として重宝されていた麻がたくさん生えていた場所だったことに由来するとかしないとかだったと思います。現在の同駅周辺は新興住宅街として再開発が進み、きれいな街並みをしております。自分の幼馴染の一人が、当地で家を買い現在も生活しております。

布佐駅を成田方面に出発しますと、いよいよ印西市に入り、次は木下駅となります。

やっぱり、素で…

きのした駅?大サーカス?

と、高確率で読み間違えられます。これは致し方ありません。

でも、木下(きおろし)と読みます。しかし、これを読み間違いと指摘したらキレられることでしょう。だって、一般的には木下は「きのした」と読みます。自分の知り合いにも木下さんが何人かいますが、誰一人として「きおろしさん」なんて人はいません。

木材業が盛んであった事に由来するようです。利根川沿いの街で、周辺から材木運搬船が多く集まり、船から材木を降ろす地で有名あった事から、木降ろしから木下へ派生したものと思われます。いちおう、駅前に印西市役所と印西警察署があり、形の上では同駅周辺は印西市の中心街となっております。

木下駅の次は、同じ印西市内にある小林駅となります。

素で…

しょうりん駅

なんて読む人がいたらテレビの見過ぎです。

小林駅はあの小林牧場のある駅です。暗黒時代以前の同駅周辺は、本当に何もありませんでしたが、現在は住宅街が整備され信じ難い状況となっております。子供の頃、幼稚園の遠足で成田線を使って成田山へよく行きましたが…駅周辺はジャングルで「こんなところに人が住めるの?」なんて素朴な疑問として思っていたりしました。

気になるのは小林駅の次の安食駅です。印西市を抜け出て隣の栄町にある駅です。

これを…

やすしょく駅?やすぐい駅?や、ややややや…

と読んだり、戸惑っても笑われる事はありません。

栄町の人は「これは致し方ない」もしくは「やむおえない」ものと悟っております。親切に安食(あじき)と教えてくれます。阿自岐(あじき)族と呼ばれる渡来人が住みついた地である事から由来するようです。イメージ的に大衆食堂の街のような感じもしますが、同駅周辺にそれらしきものはありません。

ここでさらなる問題として次の下総松崎駅です。栄町を抜け出て成田市の西部にある駅です。

しもうさまつざき!!

と、力んで読んだあなたは正常です。

下総松崎(しもうさまんざき)と読みますが、初めてこの字面を見て正確な駅名が言えたとしたら…むしろ異常でしょう。やはり、松崎は「まつざき」です。松崎と言うのですから、松崎しげるのように元気いっぱい明るい街のイメージがしますが、同駅周辺はえらい寂れており、自分は乗り降りする人をあまり見たことがありません。

そして、同駅を出ますと、終点の成田駅です。

このように、北総地域一帯には、印西を凌ぐレベルで読み方に困る地名がわりと多くあったりします(´・ω・`)