印西Fever

最新情報

一極集中の何が悪いのか?

東京オリンピックに続き、大阪で万博が開催される事が決定しました。

東京都出身者として、大阪の皆さんには心よりお祝い申し上げます。五輪終了後の経済停滞が不安視されていただけあり、これにはちょっとした安堵感を覚えました。

まだまだ日本経済は行けるのか!?と言った感じです。高度経済成長期に開催された前回の東京五輪と大阪万博の再来です。これを機に、印西市でもアンテナショップ出店か何かでも企画すると良いと思います。世界にINZAIを知らしめるまたとないチャンスです。

それはさておき…

先日より、関西を中心に活動しているお笑い芸人(福岡県出身)の発言が注目されています。なんでも、大阪万博を機に東京一極集中を解消しようなる意見です。これに付け加えるように、大阪では万博開催で盛り上がっているのに東京は無関心との見解も示すなどして物議を醸しています。

結論からいいますと、そんな事はありません。

少なくとも自分は大阪を盛大に祝福したい気持ちでいっぱいです。そもそも、東京人は大阪人のように感情表現が豊かではありません。これは偏見もいいところです。本当は大阪出身でないにも関わらず「大阪では~」な感じで東京をさらっとディスる地方出身者は本当に多いです。本物の大阪人は他人にケチをつけるような真似はしません。

逆に…

商魂たくましい大阪人は事の成り行きを冷静に観察

しています。

きっと、乗るしかない、このビックウェーブ!!な心境で、大阪人の誰一人として、大阪万博以外の事に関心のあるワケがない状況なはずです。

東京vs大阪の構図に持って行こうとする気持ちがある以上、このお笑い芸人が意図する一極集中解消論は、永遠に実現される事はないでしょう。それこそ、大阪だって東京に次ぐ大規模都市です。西日本を一極集中的にしている要素は満載です。東京ディスりは目くらましで、実は、大阪の分断を企んでいるかもしれません。

大阪の皆様はこういった地方出身者の扇動的発言には十分注意しましょう。

ところで…

この一極集中解消論ですが、どの識者の見解も具体性に欠けるものばかりのような気がします。具体的かつ本質に迫った議論をしてしまうと…とどのつまり、東京に集まっている諸々の利権をオレたちにも分配しろ的な本音に行きついてしまうため、どことなく表面的な議論に終わってしまう感じがします。

本音で議論してしまうと…

血で血を洗う47都道府県民同士による戦国時代の幕開け

となってしまいます。

凄まじい過当競争になる事でしょう。だからと言って、国体の開催地を持ち回りするような感覚で、47都道府県同士が仲良く首都機能を譲り合うなんて事は現実的ではありません。ぶっちゃけ、この件に関しては絶対に結論は出ないような気がします。

また、このように一極集中と言うと真っ先に首都機能の移転・分散がイメージされますが、そんなものも表面的な議論に過ぎません。一極集中とは、根本的に人の移動の偏りに過ぎません。遷都までに至らなくても、人が一カ所に集中して多く集まるのを解消すれば良いと思います。

しかし…

県境に壁を作って移動の自由を制限

する訳にはいきません。

少なくとも一極集中解消を唱えるなら、伊奈かっぺい氏(青森県出身)のように筋を通す姿勢がないと説得力に欠けます。お笑い芸人なら持ち前の話術で、自ら地方に移り住んで盛大にアピールすれば良いと思います。インフルエンサーとして数百人規模の人口増には貢献できると思います。

自分も一人二人くらいだったら、印西市の人口増加に貢献できると信じて、このブログを運営しています。