印西市の安心度は何が根拠なの?

Tweet  FB  G+  B!  LINE

住みよさランキングで日本一の座に輝くも多くの謎を残す千葉県印西市―

不動産業界の陰謀論やステマ疑惑、北総線の運賃問題と多くの謎を抱えております。その中でも、特に、住みよさランキングの評価項目である「安心度」は凄まじく謎です。

何をもって安心としているのか?何が根拠なのか?地震や風水害に強い地形だからなのか?印旛日医大をはじめとする医療機関が充実しているからなのか?ぶっちゃけ、漠然とし過ぎていて正直よくわかりません。印西市の一番の売りとしている安心度について、ちょっと深堀してみたいと思います。

まず、東洋経済住みよさランキングの安心度を算出する際に用いられた統計データですが…

人口一人あたりの医療機関の病床数や介護関連の従事者数、出生数、15歳未満の年少人口増加率など、厚生労働省や総務省の公的統計のみになります。安心と言われると、たいがいの人は防犯や防災なんかをイメージすると思います。しかし、住みよさランキングの安心度には、警察庁や消防関連のデータは織り込まれていません。

あくまでも、福利厚生面から見た安心度と言う話のようです。

たしかに、印西市は子育てには最高の条件が整っております。また、人口的にボリュームのある自治体でないにも関わらず(人口10万人達成に歓喜する印西市ですが)、それを上回るくらい医療施設が充実しています。そういった面では、定年後の余生も、引き続き印西市内で安心して生活する事ができます。

では、気になる防犯はどうでしょうか?

印西警察署の「管内の事件・事故」のページをご覧頂ければわかりますが、実に平和な自治体です。ただ、突出して自転車の窃盗は多いですね。窃チャリ自体はどこの自治体も断トツ事案ですが、人口比を思うと、やっぱり印西市は多い傾向にある感じがします。

印西市はとにかく広いので…

歩くのめんどくさいからチョット借りました

などと豪語する不届き者がいるようです。

自分の身近な知り合いでも、結構な人が自転車をパクられています。市内の路上で見かける放置自転車もほぼパクられたものです。自転車を停める際は、鍵は二つ付けましょう。そして、必ず防犯登録です。印西警察署が千葉ニュータウンの商業施設などの駐輪場でも丹念に調査をしていますので、戻って来る率はわりと高いと思います。

とは言え、新しくできた住宅街は住民同士の交流も浅く、印西市民が富裕層と言うイメージも勝手に一人歩きしていますので、ドロボーさんには魅力的な場所であるのは言うまでもありません。

ただ、印西市の夜はとっても静かなので…

物音を嫌うドロボーさんにとって攻略難易度の高い住宅街

とも言えます。

しかし、家を買った際は、幸福の絶頂感から油断してしまい、そういった方面が疎かになりがちです。生垣はきちんと剪定して、あまり高い塀を設置しない、明るい夜間照明を設ける等しましょう。これだけでも全然違います。草木ボーボーなんて論外です。

自分の今住んでいる住宅街も、新しかった頃はドロボーにやられた家が何件も続出しました。いずれも進入路は勝手口でした。なので、勝手口には反応型照明や防犯ブザーを必ず設置しましょう。自分ちは、ダイソーの防犯ブザーやサッシ用補助鍵を活用しています。

ちなみに、新しかった頃にドロボーが多かった原因として…

  • 庭作りで理想を追求するあまり防犯面でのリスクを失念
  • 庭作りにさんざん凝った挙句、すぐに飽きて草木ボーボー状態に放置(防犯リスク増大)
  • 週末田舎暮らし実践中の自分に酔っていた

だと思いますorz

でも、古くなるにしたがい、町内会で…

定年退職で暇を持て余す人による防犯活動が率先して行われる

ようになりますので、最近はドロボーにやられた家はもうないな(´・ω・`)

これから市内で生活を始める方には、自宅周りの防犯リスクについては留意して欲しいと思います。高い生垣や塀は設置しない。夜間照明は必ず設置する。勝手口には防犯ブザーは再度強調させて頂きます。特に、印西牧の原あたりはまだまだ家がまばらで人目が付きにくい状況です。夜間は家の周りは明るくしておきましょう。

印西市は印旛沼の西側にあったから印西なんだからね(´・ω・`)