いまだ着地点の見えない五輪ボラ問題

Tweet  FB  G+  B!  LINE

何だか先行きの不安を拭えない東京オリンピック―

遂に、懸念されていた問題が現実味を帯びつつあります。

先日、ネットニュースでも大きく取り上げられ、ご存知の方も多いかもしれませんが…炎天下での競技を避ける目的から、マラソンなどの一部種目で、スタート時間を早朝の五時半に繰り上げる方向で調整が進んでいるようです。これにより、大会関係者はもとより、ボランティア・スタッフの集合時間も早まる事になりそうです。

当然、競技開始の数時間前までに配置等の事前準備を済ませておく必要もあるので、実に、深夜の午前三時前後になる見通しとのことです。東京オリンピック開催中は、宿なんか取れっこありませんし、取れるにしても高額な割増料金となる事が予想されます。いずれにせよ、ボラスタにホテルなんて無理です。

これにより、志願者は…

現地集合時間まで真夏の夜のコンクリート・ジャングルをサバイバル

する必要に迫られています。

深夜の都内で野宿なんて…ぶっちゃけ、わりと危険でいっぱいです。ボラ駆りの被害にも遭遇しかねません。現在までに、都や区役所が、ホールなどの施設を簡易宿泊所としてボラスタに開放、提供すると言った動きも見られません。五輪ボラは本当に野宿を余儀なくされそうです。

あるニュースサイトでは死人が出る事すら懸念しています。そりゃ~熱中症や何らかの路上トラブル等に巻き込まれ、事件や事故が発生しない訳がありません。開催期間中は警視庁も全力で都内の警備に努めるでしょうが、それでも人的限界ってものがあります。

もはや…

市街戦・都市ゲリラ戦にでも参加するくらい気構えと覚悟

がないと本当に〇にます。

終電で都内入りして、数時間街をほっつき歩いて時間を潰すも同じ事です。もしも、本気で五輪ボラへの応募を考えているなら、大会組織委員会や警察は当てにしてはいけません。必要最小限のものをウェストポーチなどにまとめて持ち歩き、両手は常に開けた状態にしておきましょう。

走って逃げる状況に遭遇する事も考え、走りやすい靴を履くのはもちろんのこと、雨具はコンパクトに収納できる雨カッパです。できれば、サバゲー等で使用するゴーグルを装着する事もおすすめします。トイレの心配をする声が多数出ているようですが…コンビニなら都内にたくさんあります。そこで借りれば良いでしょう。

ところで…

この五輪ボラ。愛称公募の結果、現在いくつかに案が絞られ、来年の一月にも決定される予定です。

しかし、これまたツッコミどころ満載です。これも先日より、各種のネットニュースで取り上げられ、えらい話題を呼んでおります。候補のうち「ゲームズ・フォース」と「シャイニング・ブルー」が特に注視されています。有無を言わさず違和感ありまくりです。

何か…

路上で必殺技でも繰り出す大道芸人の集団

のイメージしかわきません。

もう、高輪ゲートウェイの方が遥かにマシに思えてきます。そもそもフォースなんて言葉…いろいろ誤解されますし、むやみに使用するもんじゃないと思います。と言いますか、中二病感が漂う香ばしいものとしか言いようがありません。コレを考えた人はマジでテレビの見過ぎだと思います。

印西市を「いんにし市」とか「いんせい市」なんて読んだ事のある人は手を上げなさい(´・ω・`)