印西Fever
おもしろさ日本一の千葉県印西市を紹介するブログ

気になる銚子市の財政問題

千葉県民ならすでご存知の方も多いかと思いますが…

先週、ニュースでもチラっと流れ、銚子市の財政が大変厳しい状況にあると言われております。早急に有効的な施策を講じなければ、財政再生団体に転落するのは必至とのことです。これにより、市の公共施設の一部閉鎖はもとより、行政サービスの機能縮小は避けがたいものとなることでしょう。

同じ千葉県民として、どうにかしてあげたい気持ちでいっぱいになります。

ひと昔前くらいでしょうか…銚子電鉄が崖っぷちの経営状況に追い込まれ、車両の保守点検費用の捻出すら困難な状況になった事がありました。そのため、銚子電鉄自ら銚子ぬれ煎餅の製造、販売に乗り出し、どうにか費用を確保したのは記憶に新しいところです。

自分も東京八重洲地下街のショップで銚子ぬれ煎餅5袋ほど協力させて頂きました。マヨネーズつけてビールのつまみにしたった。旨かったよ。印西Feverでも何ができると言う訳ではありませんが、今後、銚子市の町おこしを勝手に画策して行きます。

今度は、市がUFO煎餅でも製造、販売してくれ。10袋は協力するわ(´・ω・`)

皆様に「この町に銚電があってよかった。銚電ありがとう!」と言ってもらえる、そんな会社になるために、鉄道事業と名物「奇跡のぬれ煎餅」販売で、どんな逆境にも絶対...
銚子電気鉄道株式会社 - www.choshi-dentetsu.jp