千葉県南部の一日も早い復興をお祈り申し上げます(´・ω・`)

2019年春は印西市のターニングポイントになるかも

頂上を制覇した感の漂う千葉県印西市(´・ω・`)

印西市による人口動態の研究調査によると、2020年をピークに下り坂に転ずると言われています。

人口10万人を突破して、歓喜に沸く印西市ですが…

そのピークとやらは具体的にどのくらいになるのか気になるところです。印西市のポテンシャルを少しでも高める意味からも、人口は少しでも多いに越したことはありません。

数は絶対の正義でありパワーです。

千葉ニュータウンの開発は現在も鋭意進行中で、日を追うごとに、家がドンドン建てられて行きます。

おそらく、日本中から職人さんが集まって、猛烈な勢いで仕事をしている場所かもしれません。昨日更地だった場所に、もう家が建ってる…そんな感じです。

1世帯4人の標準的な家族構成をした住人が入居すると考えたら…

プリンは…ではなく、印西市はあと数万人程度の人口増の可能性を秘めている

と言えます。

これでもしも北東隣の某町が印西市の軍門に下れば、人口14~15万人の自治体も夢ではなくなります。さすがの成田市(人口13万人)も脅威に感じることでしょう。

これにオリンピックによる経済効果も加われば、さらなる可能性も見込めるかもしれません。

今後の印西市の明暗を分ける地点は、多くの企業で人事異動が行われる年度末…

そうなると2019年の春だと思います。インド風PR動画を制作するなど、全国に向けて宣伝活動をしている印西市ですが、まさに適切なタイミング、好機を捉えた試みだったと言えるでしょう。

今の時期は…

多くのパパが野原ひろし的な心境で首都圏での住まい選びを検討

しているはずです。

五輪終了後も、日本の経済成長が快調に続けば良いのですが…それを考えると、2018年度末までは、印西市最後の一押し、ラストチャンスと思っておいた方が良いかもしれません。

そのためには、さらなるPR活動が必要に思われます。

それにしても…

インド風PR動画が続きがえらい気になります。やっぱり、第二弾は、印西市内でカレー店をオープンさせるインド人青年の奮闘記にでもなるんでしょうか?

本当にえらい気になります。

やはり、インドと言えばカレーですので、このままカレーで印西市の町おこしに挑戦すべきだと思います。

とにかく、印西市にとって今は…

空回りしようが全力で突っ走らなければならない重要な時期

だと言えます。

このサイトでも、何ができると言う訳でもありませんが、1~2人くらいの印西市の人口増に貢献できるだろうくらいの気概で、これからもサイト運営をやって行きたいと思います。

本当に今は絶好調な印西市ですが…

これに慢心しても油断してもいけません(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
インザィアン、嘘つかない(´・ω・`)