茨城県庁幹部による「水戸はダメ。〇ね」の暴言問題

Tweet  FB  B!  LINE

毎日新聞がスッパ抜いた模様です(´・ω・`)

茨城県の営業戦略部に所属する職員が、自身のSNSで「水戸はダメ。〇ね」と投稿した一件が急速に注目を集めつつあります。本人は酔った勢いでついうっかり投稿してしまったと謝罪、投稿自体も現在は本人により削除されています。よりによって営業戦略部と言う、茨城県への企業誘致や観光物産の販売促進を担う部署の職員…

それも最高責任者たる部長がやってしまったのですから目も当てられません。

本人はどうしてそんな投稿をしてしまったのか記憶が定かでないとも話おり、これまた闇が深そうな雰囲気がします。どういった経緯でそんな事態を招いてしまったのか詳細は不明ですが、この問題もだいぶ後まで尾を引きそうです。自虐ネタにしては、なんだか本当に卑屈な感じがしますし、妙に納得できません。

酔った勢いとありますが、逆に言えば…

理性と言うリミッターを解除した状態で本音を暴露

したとも言える感じがします(´・ω・`)

たしかに「〇ね」は良くありませんが、水戸の何がダメなのか具体的に説明する義務があると思います。水戸市をより良いものにする意味でも大切なことだと思います。と言いますか、気になって仕方がありません。この部長さんが事情を説明しない限り、断片的な情報から勝手に推察するより他ありません。

それにしても、慌てて削除せず「自虐だよ自虐♪」と笑って誤魔化していれば、別の何か…こう前向きで建設的なものへと発展していたような気もします。やってしまったものは致し方ありません。とりあえず続報を待ちたいと思います。兎にも角にも、すべての水戸市民が納豆とともに幸運でありますように\(^o^)/

by とある印西市民の逆襲

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。

関連コンテンツ

印西市を「いんにし市」とか「いんせい市」なんて読んだ事のある人は手を上げなさい(´・ω・`)