渇望される北千葉道路の完成

先日、2019年度の県予算案が発表されました(´・ω・`)

総額は実に1兆7千億円にも及び、六年連続で過去最大の記録を更新するそうです。

それだけ、今の千葉県は成長を続けていると言うことでしょうか…

小市民の自分には、いまいちピンと来ない数字ですが、近年より課題となっている少子化対策はもとより、来年度は道路網の整備にも重点を置いた予算編成になるとのことです。現在、国道464号の成田方面への延伸工事が行われている区間(地図中の点々部分)にも、完成を早めるため予算が増やされるそうです。

国道464号は北千葉道路なんて呼ばれているようですが、正確には、北千葉道路は国道464号のバイパス道路となるものです。ま~あ、どっちにしろ似たようなもんです。同じものと考えて良いでしょう。最終的に空港自動車道につなげ、印西市と成田空港を一直線で結ぶ予定です。しかし、大人の都合でまだまだ遠いのが現状です。

どっちであれ、とにかく早い完成が望まれます。

北総地域の基幹交通網としての機能を果たすのみならず、南海トラフ巨大地震や首都圏直下型地震などの災害発生時には、周辺の緊急輸送路として重要な役割を果たすことが期待されているものです。印西市民として千葉県民として一刻も早い完成が待たれます。

暗黒時代と比べるとだいぶ改善されましたが、印西市から成田空港へ車で行くとなると、依然としてクネクネと走り続けなければなりません。どうにかストレートに行きたいものです。

なので、印西市民で成田空港に勤めている人の運転は妙に上手いとは思う(´・ω・`)

ノースダコタ州ニュータウンはアメリカの印西市(´・ω・`)