もちろん、暴言や暴力はいけないけど…

兵庫県明石市の泉房穂市長の発言がえらい物議を醸しています(´・ω・`)

とうとう、本日のNHKニュースウォッチ9でトップ級に取り上げられる始末です。しかし、NHKは一貫として丁寧な報道姿勢を貫きました。泉房穂市長が暴言に至った一連の背景、詳細な事情もこまかく解説され、妙に感心してしまいました。

発端となった道路の拡幅工事ですが…交通死亡事故の多発地帯で、早急な工事が必要とされていた個所でした。しかし、工事予定地に家が一軒あったため、計画通り進められず、実に、7年以上も放置されていたそうです。その間も死亡事故が発生しており、明らかに行政の怠慢と言わざるを得ません。

こう書くと、立ち退きの応じない家にも批判の矛先が向きそうになりますが…この家もどうも悪くないようです。そもそも、立ち退きのための条件提示など、市役所側がこの家に対して、何ら具体的な打診を7年間まったく行っていなかった模様です。立ち退く立ち退かない以前の話です。

これでは楽な商売と言われても当然な気がします。職員に対する侮辱にも当たらない気もします。とは言え、やっぱり、この市長さんの発言には行き過ぎた面があったのは事実です。戦乱の世に生きる野武士の頭目や、なんかの棟梁じゃあるまいし「火をつけて来い」「燃やして来い」はないわ~と思います。

この市長さんも、警察官にでも成りすまして…

あなたのご家族の方が明石駅南東の交差点(問題の場所)で事故に会い〇にました

と、職務怠慢職員の携帯電話にイタ電するくらいの心の余裕はあっても良かったと思います。

兎にも角にも、今回の一件は、この市長さんの発言と、必要な工事が放置されていた件は別々に分けて考えた方が良いように思います。民間企業なら確実にアレでしょうし、やっぱり、これもこれで変な話だと思います。問題の再発防止のためにも、表面的なもので本質を見失ってはいけません。

なんだか明石焼きが食べたくなって来た(´・ω・`)

by 印西太郎

関連記事

祝☆再選、明石市のおもろい前市長さん

ヒョーゴスラビアの明石市で市長選挙が行われました(´・ω・`) 市職員に対する暴言問題で、前市長である泉房穂氏の辞職に伴うものでしたが… およそ、5000人にも及ぶ市民の出馬要請の署名により、当初は固辞していたものの泉房穂氏が立候補、本日の20時時点で再選が確実となりました(共同通信)。 一部メディアで、男泣きする同氏の映像も流れ、胸を打たれた方も多いと思い …

日本一おもろい市長さん

兵庫県明石市の泉房穂市長の発言が注目を集めています(´・ω・`) 計画していた道路の拡幅工事をするにあたり、周辺の立ち退きがぜんぜん捗らないので、交渉を担当していた職員に対して常軌を逸したパワハラ発言をしていたと言うものです。 なんでも、立ち退きに応じない家を「火つけて燃やして来い」と罵倒したものらしいです。 朝日新聞や地元の神戸新聞が伝えたものですが…記事 …

インザィアン、嘘つかない(´・ω・`)