災害発生時の救援物資は誰のためのもの?

西日本豪雨による大規模水害発生で多くの人命が失われました(´・ω・`)

正直、先週末のニュース報道の段階では…

まさか、これほどに被害が拡大するとは予想だにしておりませんでした。あらためて災害の恐ろしさを実感しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りしますと同時に、被災された方にも心よりお見舞い申し上げます。

それにしても…

やっぱりと言いますか…

残念ながら、今回も前回と同じ轍を踏む者が続出しているようですorz

タイトルからもう多くを語る必要はないでしょう。

結論からして…

個人による救援物資は原則禁止にすべき

だと思います。

災害発生など混乱する現場に必要なのは、まず何よりも秩序の回復だと思います。

それから現地の復旧がはじまります。

個人の救援物資は受け付けていない、体制(=秩序)が整うまで待ってと言われたら、その言葉通りに受け止め、それ以外の行動は慎むべきだと思います。

受付を要求したり、強引に救援物資を郵送したところで…

現場がより混乱して復旧作業が大幅遅延

ぶっちゃけ、時間の無駄です。

こういう言い方をすると、人の善意に対してなんて事を言うだ!!と怒りの声を上げる方がいることでしょう。でも、非常事態の現場に善意もへったくれもありません。

一人でも多くの被災者を助けるのが最優先課題です。

ひとりひとりは善意のつもりでも…

無秩序で不統一な外部からの横やりは現地からすれば要らぬ負担以外何者でもない

と思います。

被害現場近くに無断で救援物資の集積所を作り、警察や自衛隊の車両通行を阻み救援活動に支障を与えたり、許可なく現地のコンビニ駐車場を受付場所として救援物資を募り…

要らぬ手間暇を送る側送られる側に強いる輩が出現するなど、これまでに起きた事のない問題も発生しています。

いろいろ謎な部分が多い問題ですが…

秩序がなく統制の取れていない集団の善意の結果がコレです

後者の実例のように、災害発生時にデマを流すような者はただの犯罪者です。

そんなに災害現場で救援活動をしたいなら予備自衛官にでもなればいい。そして、入院中の方へのお見舞いには大変喜ばれる千羽鶴ですが…

被災された現地の方は精神的にもまいってピリピリしています。

避難所生活をしている被災者に贈るにはあまりにも酷なものを感じさせます。

こんなことで怒る必要はないだろうだとか、人の善意がどうこうと言った考えは、精神的に余裕のある状態のある人の独善的で手前勝手なものに過ぎません。

千羽鶴を贈られた事で元気になる人もいる!!なんて言いぐさをする方もいるようですが…

それこそ人の心を理解しようとする姿勢が足らない

千羽鶴を送られて喜ぶ被災者なんているわけない。

千羽鶴なんか特定集団のマンパワーを使わない限りそうそう短時間に作って仕上げる事は困難です。

これは自分の勝手な想像ですが…

学校や子供会などを通じて、一部の不見識な大人が子供達にそうさせている事は想像に難くありません。

あなたがもし被災者で、明日の命を繋ぐ待望の救援物資を受け取り箱を開封して見たら、中身は食品や医薬品、日用品ではなく千羽鶴であったらどう思いますか?

自分だったら怒りを覚えます。

貴重な物流スペースと現地の労力を奪わないで欲しい(´・ω・`)

by 印西太郎

※当サイトは2/3の千葉愛と1/3の冗談から構成されています。
※たまに真偽のほどが疑わしい内容の記事も書きます。あまり間に受けないで下さい。
自分は個人事業主だけど法人化したら会社名は西インド会社にする(´・ω・`)