印西市役所

いんざい君に対する思い

未来提言

人口10万人突破の興奮が未だ冷めやらぬ千葉県印西市― 先月には「10万人突破記念年賀はがき」なるものも発売され、印西市では関連グッズの制作と販売に余念がありません。今月下旬にも「10万人突破記念ぬいぐるみ」も発売予定です。 タキシードを着用した可愛らしい「いんざい君」のぬいぐるみが一体¥1,500で販売されます。欲しい方は、発売予定日に印西市役所へGoです。…続きを読む

印西(いんざい)の由来について

市内案内

特異な字面から読み方を間違われる千葉県印西市― 住みよさランキングで全国から注目を集めるも、いまだに、印西市は「いんにし市」や「いんせい市」などと呼ばれることがあります。 そりゃ~あ… 西は「にし」や「せい」と読むのが一般的 ですorz 別の記事にも書きました通り、甲子園で準優勝した印旛高にあやかり、印西市ではなく印旛市とした方が良かったような気もします。た…続きを読む

突っ込みどころ満載なボランティア募集

五輪問題

もう、関係ないのに五輪に向け全面協力体制になる千葉県印西市― 印西市役所ではオリンピック推進室なる専属部署を設け、五輪ボランティアの募集を画策しています。 五輪記録映像のエンディングロールに… 協力:千葉県印西市 なんて流れるかどうかは知りませんが、その期待はあっさり裏切られる事でしょう。軽く調べてみたところ、首都圏近郊のどこの市町村役場でも似たような感じの…続きを読む

防災無線空耳アワー

総力特集

住みよさのみならず安全面でも日本一な千葉県印西市― 住みよさランキングで全国一位になった理由の一つとして「安心度」がSクラスなわけですから、きっと、安心で安全な街なんでしょう。たぶん(´・ω・`) 安心と安全な暮らしは、兎にも角にも、市当局による市民に対する正しい情報の伝達からはじまると思います。 そんな印西市は、大都会の自治体にはない田舎特有の情報伝達の方…続きを読む

成田線沿線の職場事情について

暗黒時代

光と影が交差する千葉県印西市― 今回は、その影の部分(成田線沿線)の生活事情について解説したいと思います。 印西市の山陰地方っぽいエリアですが… 暗黒時代の印西町時代の中心街的な存在であり、現在でこそ北総線沿線が大発展しておりますが、当時は我孫子市や栄町などとの繋がりが強く、買い物にしろ、通学にしろ、通院にしろ、通勤にしろ… 成田線が主要交通機関でした。と言…続きを読む

東洋経済住みよさランキングに対する罵詈雑言

黄金時代

東洋経済住みよさランキング日本一七連覇を果たした千葉県印西市― 2012年以来から日本一の座を守り抜く印西市(´・ω・`) 個人的には、流石に七連覇は難しいのではないかと思っていました。愛知県の長久手市や北陸地方の自治体にその座を奪われる事は必至だと感じていました。 でも、なんとか今年のランキングでも日本一の座に輝きました。 先月にも人口10万人を突破し、新…続きを読む

印西市の各地区について

市内案内

木下地区 JR成田線の木下駅周辺の地区になります。印西市の旧市街地で、印西市役所と印西警察署などがあり、いちおう、市の中心街と言う事になります。 しかし、それも今日では形式的なもので、現在の実質的な市の中心街は千葉ニュータウン中央駅周辺エリアとなっております。雰囲気的には、街道沿いのよくある宿場町的な存在で、実際、昔はそうだった。その名残がところどころ同エリ…続きを読む

いんざいばんざい(´・ω・`)