小林駅

成田線の駅名が読めない件について

暗黒時代

素で市名を読み間違えられる千葉県印西市― しかし、北総地域一帯には印西を凌ぐレベルの地名がたくさんあります。 暗黒時代の印西町の主要交通機関だった成田線にも、もう、なんて読んだらいいのか分からないワケワカメな駅名がいくつかあります。 ちなみに、千葉県内のおける成田線と称する路線は、本線(佐倉~成田~銚子)と、成田から分岐して我孫子へ向かう我孫子支線、そして、…続きを読む

太陽光ナントカで繰り返される歴史

黄金時代

住宅の新築がいまだ止まらん千葉県印西市― 昨今は、新築なら屋根の上に太陽光発電パネルを載せるのが当たり前な感じになってます(´・ω・`) でも、固定価格買い取り制度(FIT)と呼ばれる、いわゆる「余剰電力の買取制度」による電力会社の買い取り価格は年々下がる一方な上、2019年末からFIT契約が順次終了します。えー!!そんなの知りませんでした!!なんて言うは人…続きを読む

成田線複線化計画はどうなった?

暗黒時代

もはや陸の孤島でなくなった千葉県印西市― だが、しかし… 住みよさランキング日本一の栄光の座に輝きつつも、それに付き従う影のような部分があるのもまた事実です。 北総線が光なら成田線は影でしょう(´・ω・`) 関東地方以外の方だと、コレの意味するところが感覚的に分かりづらいと思います。 それを補完して気持ちをスッキリさせる別の方法で表現するなら、印西市の北部(…続きを読む

暗黒時代の成田線沿線の町内会事情

暗黒時代

印西市と言うと千葉ニューのURばかり注目されがちですが― 実は、成田線の木下駅と小林駅周辺が千葉ニューに先立ち宅地の開発と販売が進められました。 今となっては本当に信じがたい話ですが、成田線沿線はちょいとした首都圏のベットタウンとして注目されていた時期があります。印西市のみならず、隣接する我孫子市や栄町などでも同沿線の宅地開発が進められました。 しかし、千葉…続きを読む

いんざいばんざい(´・ω・`)